2019年4月25日 (木)

残り3個

たくさん、コメントありがとうございます。

平成31年4月25日午前7時45分現在、スーパーカブ110用ハイレスポンス・キット、クロスカブ用ハイレスポンス・キットのアップデート用パーツは残り3個です。

とりあえず10セット用意してました。(購入者の方、お買い上げありがとうございます。)

売れ切れてからの再販はゴールデンウィーク明けになります。

宜しくお願い致します。

購入希望の方はこちら。https://auctions.yahoo.co.jp/seller/peaky_parts

 

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

カブ110、クロスカブ用ハイレスポンス・キットのアップデート用パーツ販売

お待たせしました。

スーパーカブ110用ハイレスポンス・キット、クロスカブ用ハイレスポンス・キットの購入者の方に朗報です。

ハイレスポンス・キットのアップデート用パーツをヤフオクに出品しました。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u274249180https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u274249180

驚きの効果をお楽しみください。

価格は2500円です。

既に落札済みの場合はこちらから。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/peaky_parts

よろしくお願いします。

| | コメント (2)

2019年4月23日 (火)

温泉に行きたい。

春の出荷が終わり、その反動が激しくてヤル気が失せてしまいました。

思いきりなリフレッシュがしたいです。

とりあえず温泉に行きたい。

やっぱり疲れたら温泉に行きたくなります。

何処に行こうかな。

ゴールデンウィークはモトクロス三昧がしたい気分ですが、仕事してるだろうな。

まずは、今度の日曜日の前にCRF125Fに超ハイレスポンス・キットを組まなきゃ。

超ハイレスポンス・キット、ハイレスポンス・キットのアップデート用パーツの販売は今月中になるかも。

超ハイレスポンス・キットの定価は10500円、アップデート用パーツの定価は2300円を予定しています。(超ハイレスポンス・キットの費用対効果はマジで30倍。 )

さて、仕事すっか。(諦め) 

 

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

控訴理由書提出

そ秋田県庁との裁判で架空の情報公開システムをでっち上げて、「原告(俺)は情報公開請求時にこう申しておりました。」と虚偽の主張をした現秋田県法テラス所長・湊弁護士。

その虚偽が事実ではないと裁判で認められて俺が勝訴。

勝訴後に、秋田弁護士会に懲戒請求したら、「懲戒請求者(俺)が主張する不正の事実はない。」と懲戒処分せず。

日弁連に異議申し立てしたら、「秋田弁護士会の判断に謝りはない。」と湊弁護士を擁護。

今回の裁判は、湊弁護士と日弁連に対して損害賠償を求めた。

秋田県庁との裁判での認められて弁護士の不正は秋田地裁と仙台高裁に認められている。

なのに、日弁連を相手に損害賠償請求すると、秋田県庁との裁判で湊弁護士が虚偽の主張をしたことを認めながら、こじつけで損害賠償を認めないとする判決になった。

湊弁護士・日弁連、共に俺の主張を覆す証拠は何一つ提出していない。

それでも無条件に湊弁護士・日弁連を勝訴させる秋田地裁。

この様なことが裁判と言えるのか?

そう、控訴理由書には書いてます。

負ける理由が無いのにも関わらず、原告である俺の訴えを棄却した秋田地裁の綱島裁判長。

かわいい顔したハゲのチビなおっさんは魑魅魍魎でした。

この子泣き爺が!

| | コメント (0)

CRF125Fにもハイレスポンス・キット

けんじさん、コメントありがとうございます。

只今、ビックフィン・キットのパーツが品切れで入荷待ちになってます。

もう少ししたら送りますね。(八馬力さんの分も)

 

 

昨日のモトクロスレバー練習で、一発目の走行の4周目にベストタイムを大幅更新。

1分36秒18です。(これまでは1分38秒02)

2秒近く更新ですから、前日にチューンナップした吸気系の効果が出てますね。

但し、俺の方がスピードにビビってライン取りに試行錯誤するのですが、ラップタイムは落ちるばかり。

キツいラインが一番速いと分かりました。

今までのラインで走るのが一番良い。

身体がもたないですが、これは慣れるしかない。

あと、ハイレスポンス・キットでライダーの感性にエンジン特性を近付けることで、なんとか楽にならないものかと思ってます。

エアフィルター清掃とオイル交換と同時にハイレスポンス・キットを組みますよ。

カムスプロケットをグロム用バランサー・カムスプロケット。(本来ならJA10用)

バランサー・フライホイールは、ウェイト増しと軽量化を併用したオフロード用バランサー・フライホイール。

益々速くなって、もっとキツい状況になったら笑うしかないですが。

マジにヤバい速さです。

見てる人から、「もう入門用バイクのスピードじゃないよ。」とか、「コンペマシンの立場がない。」と言われてます。

でも、本気で走れる時間が極端に短いです。

5周走ったら嫌になる。

昨年、山形の5時間耐久モトクロスレースを一人で走って、ぶっちぎり優勝した俺がですよ。

なんだかなぁ。

 

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

今日の練習動画

1発目がメチャクチャ速かった。

正直怖かったよ。

https://www.youtube.com/watch?v=XYtnaLzh3Is&feature=youtu.be

 

| | コメント (0)

CRF125Fピーキーレバー

Photo_20

ブレーキレバーをピーキーレバーに加工後。

 

Photo_21

クラッチレバーをピーキーレバーに加工後。

取り外し、加工、取り付けまで作業時間約10分。

作動の際に指の第1関節からレバーが離れない。

22年前に考案まで3年掛かりました。

簡単に製作する方法を思い付くまでに20年掛かった代物です。(2年前からヤフオクに出品)

操作性世界一の一品。(キッパリと断言します。勝負してもいいですよ。)

 

 

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

3分チューンナップ

日曜日のモトクロス練習に向けて、またCRF125Fのチューンナップを行います。

前回は排気系チューンナップでしたので、今回はそれとバランスを取るために吸気系をチューンナップです。

とは言っても簡単で、エアクリーナーボックスの吸気ダクトを取り外すだけ。

これで吸気効率が格段に上がります。

キャブレターのマシンなら、ここからがセッティングで大変ですが、インジェクションのマシンなら吸排気系のチューンナップ程度なら走るだけでPGM-FIが勝手にセッティングします。

これにボアアップやカムシャフト変更などをすると、燃料噴射の量が足りなくなってセッティングがズレるので、エンジンが求めるガソリンの量を提供できるインジェクターに取り替える必要があります。

俺の場合は、 そんな時にはCBR150Rのインジェクターの噴射量を調整したものを使って合わせてます。

そのノウハウは秘密です。

今年はインジェクター交換の必要があるチューンナップをするとすれば、インジェクションの口径アップかなぁ。

インジェクションをボーリングして、Φ22からΦ24に口径アップ。 

バタフライバルブはPCX125を使います。

若美モトクロスパークのラップタイムをあと2秒は縮めたいですね。(笑) 

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

今日の練習動画

https://www.youtube.com/watch?v=Q6kBWSW8vo8&feature=youtu.be

| | コメント (0)

超ハイレスポンス・キット来月発売。

けんじさん、コメントありがとうございます。

ハイレスポンス・キットのアップデート用パーツのレビューが良かったので来月発売します。

ハイレスポンス・キットは、超ハイレスポンス・キットとしてアップデート用パーツを追加して販売。

けんじさん、八馬力さんのクロスカブには今度、ビックフィン・キットのモニターをお願いしようと思ってます。

楽しみに待っててください。

てな訳で、コメントの返事とpeaky_partsの広告でした。m(__)m

| | コメント (1)

«ベストタイム更新