2020年2月20日 (木)

美味かった!

雪上レースに参加する際には北海道の美味い物探しをする俺。

前回は室蘭の居酒屋で食べた醬油ラーメンの美味さに驚いて、今回の八剣山スノーライディング第2戦の帰りも食べにいきました。

今回、美味いと感動したのは函館で食べたゲソ天(イカの天ぷら)蕎麦。

これも北海道らしくて美味かったぁ。

北海道のレースで体重が減ると思いきや、逆に太って帰る俺でした。(笑)

| | コメント (0)

やっぱりタイヤ注文

ゲコタのフロントタイヤが売れ切れで、純正タイヤはかなり減ってた。

シンコータイヤSR241(2.75-19)を慌てて注文。

これも売り切れくさい。orz

最悪、俺が持ってる19インチのタイヤでブロックの山の高いやつを使うしかない。

シンコータイヤSR241があれば助かるのになぁ。

これもスタッドレスタイヤ化しないとダメだけど。(俺のレベルでは。)

| | コメント (0)

スーパーカブ110(JA07)用超抜群エンジンキット残り2個です。

JA07用超抜群エンジンキットの在庫が残り2個です。

再販予定は今のところありません。

欲しい方はお早めに。

| | コメント (0)

ゲコタのフロントタイヤあっという間に売れ切れ。

メーカー欠品中のハードエンデューロ用タイヤ・IRC iX-09(ゲコタ) 70/100-19が再販されて、注文したら売り切れたとの連絡があった。

まただよ、おい。

半年前もそれでお預け。

仕方ないのでCRF110Fは純正フロントタイヤをスタッドレスタイヤ化して走ります。(リアタイヤはゲコタをスタッドレスタイヤ化。)

なんて人気だゲコタ。

| | コメント (0)

忙しくなってきた。

Photo_20200220135501  Photo_20200220135601

久しぶりにスーパーカブ110用ビックフィン・キットが売れました。

慌てて組み立てしようとしたら、取り付けボルトが欠品。

このボルトは、間違ってオーバートルク(指定締め付けトルクは1キロ。)で締めてもシリンダーヘッドが破損しない様に、ボルト自体が柔らかい素材の物をわざと使っています。(締め過ぎだとボルトが折れる仕組みです。)

普通にホームセンターで手に入る物です。

急遽、ホームセンターへ。

帰宅してから組み立て開始。

これが結構めんどくさい。

疲れてる時はやりたくない代物。

縦横綺麗に組み立てるのと、指紋が付かない様に気を使います。

組み立てる際には綺麗な面を表にしないとダメだしね。

暖かくなったら必要なビックフィン・キットですが、俺は一年中付けっ放しです。

インジェクション車両はアイシング(キャブレターの冷えで混合気を上手く作れないことから発生するエンジン不調。)とは無縁です。

キャブレター車両みたいにエンジン温度を上げてその熱でキャブレターを温める必要がないからです。

オーバークール(冷え過ぎ)には空冷エンジンはなりませんし、真冬でも長い上り坂では熱ダレしますしね。

特にボアアップキット装着の車両にはビックフィン・キットは欠かせないものですよ。

いつでも快適に走れるパーツをpeaky_partsは提供します。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

八剣山スノーライディング第3戦エントリー

八剣山スノーライディング第3戦にエントリーしました。

ほんの20分前に氷の上で加速できるアイデアが浮かびました。

上手くいくかは分かりませんが、何もしないよりもマシです。

地道にやるだけです。

焦る歳でもないので。

| | コメント (0)

診察

鎖骨骨折の経過診断をしに病院へ。

レントゲン検査して、折れた裂け目にちょっぴり骨が伸びてきたらしい。

「くれぐれも無理はしない様に。」

ごめんな先生、再来週にまたレースだ。


| | コメント (0)

鍛え直し

モトクロスを止めて25年。

四年前に雪上レースに参加する為にモトクロスを再開。

未だに雪上レースでは上手く走れない。

四年経って、やっと道産子ライダーの普通レベルに。

しかし、少しずつ自分に足りないものが分かってくる。

とにかく、コーナーでマシンを寝かせる角度を少なくして一瞬でターンするテクニックが必要で、マシンは常に直立させて走らせる事ができないといけない。

信じられるかい?

氷の上でアクセルを開けて加速するバイクを。

タイヤは自作スタッドレスタイヤでだ。

中級ライダーが滑って転がる場所で加速できる上級者。

少しずつ学んでいくしかない。

鍛え直しだ。

CRF125Fをアルミハンドルに交換して、バークバスダー(立木用金属製ハンドルガード)を装着しよう。

少しでもマシな走りがしたい。

| | コメント (0)

CRF125F用超抜群エンジンキット

昨日、販売して半年経ってやっと最初の1個が売れたCRF125F用超抜群エンジンキット。

俺のCRF125Fでは、ギリギリ飛びきれなかったテーブルトップジャンプが、超抜群エンジンキットによって飛べる様になりました。

飛距離が伸びた訳です。

2ストエンジンのCRM80に比べたら重くてトルクが足りない4ストのCRF125Fですが、一番差が出たのがジャンプでした。

ラップタイムはCRF125Fの方が良かったのですが、唯一の不満がジャンプだけ。

超抜群エンジンキットは、耐久レース向きです。

エンジン振動はライダーを気付かないうちに疲れさせます。

俺みたいなおっさんライダーには助かるし、腕の不足もカバーしてくれる。

勿論、初心者には絶対にお勧めします。

オフロードバイクのパーツを売りたかった俺の夢がまた一つ叶いました。(笑)

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

CRF110Fに強化クラッチスプリング

雪上レースには次回はCRF125Fで参加するのでCRF110Fは春まで整備。

パワー的にクラッチには負担が掛かっていないが、今後のレースを考えて強化クラッチスプリングを組みます。

はい、俺がヤフオクで売ってるやつです。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k441916182

今の状態でも結構パワーが出てるんで、これにボアアップキット装着したら簡単にクラッチが滑ります。

レースのレギュレーションの関係で排気量は109㏄のままですが、これから圧縮比をアップしたりするとかなりクラッチへの負担も大きくなりますし、5時間耐久モトクロスで常に全開されることを考えれば保険になると思いますからね。

雪上レースに比べたらモトクロスレースはまるで高速道路ですよ。

いつでもどこでも全開です。

スパークプラグも熱価を8番に上げて、ビックフィン・キット装着しちゃうもんね。(シリンダーヘッドカバーはJA44用のフィン付きに交換済み。)

真冬の北海道での雪上レースでどれだけ鍛えられたか楽しみです。

 

 

| | コメント (0)

«八剣山スノーライディング反省会