« 独自の世界(エキストリーム・バイク) | トップページ | 峠のオフ車(奥多摩) »

2006年7月16日 (日)

秋田イズム

今日、練習する前にマシンチェックをしたらシートレールが2ヶ所折れていた。アッチャー!明日しっかり直すための修理の段取りをする。新たな補強方法を考えないとダメだ。今度はガッチリ作ってやる。今日はアマチュアイズムについて書きたい。地元秋田県はスポーツにおいて優秀な人材が多い。しかし、全国レベルで考えると今一歩。訳は簡単、地域が選手に金を掛けたがらない為だ。どんなスポーツでも上手くなるにはそれなりに金と時間が掛かる。 (交通費、遠征費、宿泊代等)特に一流選手を作り出すとなれば金額も張るのが当たり前だ。優秀な選手により良い環境を与えその競技のためだけの生活をさせる。こうなればやっている事はプロ顔負けで違いはその競技をする事でお金を得るか得ないか位でしかない。そんな事は当たり前なのだが地域のお金を動かせる立場の人は少し考えが違うらしく、スポーツ施設だけをドンドン作り全国比で200%の入れ物だけを充実させて選手の成長に必要な経費を減らしていく。アマチュアなんだからと言ってね。だから優秀な選手は他県に移籍したりそのまま競技を辞めてしまったりで悪循環を繰り返す。稀に成功しても秋田には帰って来ない。 (プロ野球、現中日監督みたいにね。)地元のヒーローが出ない競技など人気が出る訳もなく新しく競技を始めようという者もいなくなる最悪のシナリオだ。

一般競技がこれなのだからモータースポーツ、特にバイクはもっと酷い。完全暴走族扱い。秋田県はここ数年モトクロス国際A級の選手を何人も輩出している。エキストリーム・バイク以上に人気のあるフリースタイル・モトクロスを日本で初めてショーとして開催したのも秋田が最初だ。 (実は当時モトクロスコースにしていた俺の土地で行われた。)俺はエネルギー溢れるライダーが地元のちびっ子ライダーを引っ張ってモトクロス強豪県秋田誕生か?と期待したのだが現実は意外な展開になる。MFJ (日本モータースポーツ協会)の公式モトクロス場が無くなり秋田県での選手権が行われないのだ。モータースポーツを頭から否定する輩が1ヶ所あった公式モトクロス場を廃止にさせ、新たなモトクロス場の設置に反対してしまう。秋田のバイク嫌いはこれ以前からも酷く、20年前にはMFJが全国から200人のライダーを集い、地元海水浴場でキャンプを行うイベントを企画した。当日、集まった200人のライダーに対し地元海水浴場関係者達は「帰れ!この暴走族がぁ~!」と追い出してしまったのだ。MFJは面目丸潰れである。 (ちなみに秋田ではちゃんとしたライダーが暴走族で、本物の暴走族は自分とこの兄ちゃんで地域の若者だ。)バイク嫌いな秋田県に俺はいずれ一発食らわしてやりたい。俺の土地を完全なダートコースにして毎週休日にレースを行う。エントリーは当日受付のみ、人数が何人か集まればレース開始。レースのカテゴリーは独自のモノにする。モトクロスタイヤ禁止 (砂埃が畑農家から嫌われるため。でもフラットだから大丈夫!)それさえ守ればマシンはマシンはレーサーだろうがトレール車で何だろうが構わない。誰でも簡単に走れ、昔慣らしたOBライダーも気軽に走れスカッと飛ばせてストレス解消が出来る様なコースを造る。優秀な選手にはスーパークロスみたいなコースを別に用意して虎の穴みたいにガンガン走ってもらう。 (こっちはモトクロスタイヤOK!)誰にも文句は言わせない。過疎地域で少子化で自殺が多い貧乏な秋田県にオフ車のパラダイスを造りたい。そして地元の若者にモータースポーツをもっと理解して貰いたい。 (年寄りなんかどうでもいい。)一見危なそうなモノほど楽しいからX系スポーツが流行るし、カッコ良く見える。若いヤツの魂を震わす事が出来ない地域はスラム化しちまう。バイクは楽しい、バイクは危ない、だからバイクはカッコイイ。俺もまだ夢中だ。まずは9月24日の二輪・四輪の過激でエキサイティングなイベントショー、GIG (秋田県太平スキー場オーパスにて午前11時開場)を成功させる事が先決。過激な事をサラッとやって平然としてる。そんな男に俺はなりたい。やってる事はアマチュアでも心はプロだ。日々精進精進!

最近、苦労してモトクロス国際A級になった若者が走る場所を無くし、族車に乗ってウィリーしてるのが秋田の実状だ。GS400の白い三段シートが悲しく靡く。

|

« 独自の世界(エキストリーム・バイク) | トップページ | 峠のオフ車(奥多摩) »

コメント

こちらには発書き込みになります
黄色グースの桜華です
秋田では一般ライダーが族で族は身内のあんちゃんだから黙認という風潮は前からしっておりましたが二輪モータースポーツが発展しない裏にそんな事実があったのは知りませんでした
私的にピーキーさんの意見、計画には激しく賛成です
広大な土地、モータースポーツにうってつけの地形があるのに一部の人間のせいで利用出来ず我々一般ライダーが駆逐されるのは非常に不愉快です
一人のライダーとして
ピーキーさんの一ファンとして応援します

投稿: 桜華 | 2006年7月17日 (月) 00時52分

こちらには発書き込みになります
黄色グースの桜華です
秋田では一般ライダーが族で族は身内のあんちゃんだから黙認という風潮は前からしっておりましたが二輪モータースポーツが発展しない裏にそんな事実があったのは知りませんでした
私的にピーキーさんの意見、計画には激しく賛成です
広大な土地、モータースポーツにうってつけの地形があるのに一部の人間のせいで利用出来ず我々一般ライダーが駆逐されるのは非常に不愉快です
一人のライダーとして
ピーキーさんの一ファンとして応援します

投稿: 桜華 | 2006年7月17日 (月) 00時52分

書き込みエラーして同じ内容で投稿してしまったようです
すいません慣れてなくて
イタズラではありません

投稿: 桜華 | 2006年7月17日 (月) 00時58分

秋田のワカランチンのは俺がライダー・キックだ!

投稿: ピーキー | 2006年7月17日 (月) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/2671337

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田イズム:

« 独自の世界(エキストリーム・バイク) | トップページ | 峠のオフ車(奥多摩) »