« 峠のオフ車(奥多摩) | トップページ | 初恋ライダー »

2006年7月17日 (月)

エキストリームの漢達(おとこたち)

俺が住んでる秋田県男鹿市 (ナマハゲが有名)は飲酒運転等の交通違反者が異常に多い。だから取り締まりがある日には前もって市内に設置されたスピーカーで警告放送する恐るべき地区だ。俺はこんなマッドな男鹿市が大好き。ほう、明日からはシートベルトの取り締まりか・・・。

エキストリーム・バイクの話が好評なので、去年の9月に日光サーキットで行われた練習会&競技会の話をしたい。俺の目から見た日本のエキストリーマーの在りのままの姿を書く。エキストリーム・バイクには欠かせない物と言えばウィリーバーだ。このウィリーバーはほぼ全員が装着する。ウィリーバーが無い場合、代わりに左タンデム・ステップを使うが日本ではウィリーバーを使うスタイルがメインだ。中には本当にこのマシンでやっちゃうの?って思うヤツもある。スズキGSX1100刀にウィリーバーが付いてるのにはびっくりした。刀のスズキ70周年限定記念モデルがえらいスピードで直角ウィリーしてウィリーバーから火花を出して行く。会場から勿体ねー!の声も出るほどだ。しかもやってるヤツはジーンズにアロハシャツ着てまるっきり普段着だ。それだけテクニックに自信があるのだろうが見てる方は心臓に悪い。 (俺は彼のヒジが傷もなく綺麗な事からかなりのセンスの持ち主と見た。)これだけで来た甲斐があった。これには他のエキストリーマーもマジで驚いていた。しかもこの刀のチームには更に驚くべきヤツがいてGSX250Rでパワーウィリーする。しかし、尋常ではない。ウィリー開始のクラッチミートの回転数が16000rpmでこの世の終わりのような凄い唸りをエンジンが上げながらトリックする。迫力は刀と共に№1だ。 (普通、こんな全開状態からクラッチミートさせてウィリーはしない。カタパルト無しでロケット飛ばす様なモノ。)ヤバさがガンガン伝わってくる。次はスズキのストリートマジック50 (通称ストマジ)だけのチーム。本人達はとても志が高く、真面目にストマジを極めようとしている完全プロ集団。時にコミカル、時に神業的トリックをメイクし、会場の客に安心してもらって離れ業を見せる。これなら立派な大道芸として石原東京都知事に大道芸人ライセンスを発行して貰えそうだ。それだけ楽しさ溢れるトリックをする。 (もう少し人数増えたら東京ディズニーランドでパレード出来そうだ。)イギリス・マン島の50ccスーパーカブ専門スタント集団パープル・ヘルメッツと張り合えるのは世界中で彼らしかいない。今後の彼らの活躍に期待する。次に俺が見て感動したのがオフ車エキストリーム・チーム、リッキーズのチキン師匠 (年は俺よりかなり若いが、俺の目指すエキストリーマー像に最も近い。)とOGA氏 (男鹿市ではない。)によるチームFEXだ。師匠のコンボ・ウィリー (ウィリー状態でワザの種類が次々と変わる一人岸和田だんじり祭り。)は目が離せない。そんな時にこんな事して大丈夫?と思わせるトリックが最高にクールだ。しかし、当人にとっては極普通の業らしい。OGA氏は俺のチームのリーダー、34が感心するほど重量の軽いオフ車らしからぬ安定したトリックをメイクする。2人とも全国のオフ車フリークの目標的存在だ。師匠は最近ビックバイクにマシンを替えたが相変わらずのだんじりぶりだったと聞く。いずれ師匠が世界で唯一できる荒業をお披露目する日は近い?俺も頑張らなきゃな。

後、ベラボーに上手かった (凄すぎて会場中が固まった。)神の集団、空海のSinさんとそのお友達チーム。別格です。世界GPの開催パレードでスタントしてる本場ヨーロッパのライダーを見ている様でした。ウィリーサークル (ウィリー状態で旋回)の左旋回後の右旋回。この人達はこのワンセットが出来て当たり前だとか。ノーハンド・ウィリーサークルも簡単そうにやっちゃってくれる。人に聞けば凄い練習量をこなすそうだ。俺が想像するにモチベーションが常人の3倍以上ないとそんなに練習出来ない。しかもマシンを壊して練習出来なくなるのが一番困るそうで、エンジンを傷める可能性大のエキストリームの花形バーンナウト (後輪をスリップさせてスモークを出す。)はしない。ギャラリーを驚かすのが使命のエキストリーマーにおいて、それだけ他の業が凄くて素晴らしい達人だから許される行為だ。 (ファンタスティック!)練習では自分がまだ出来ない事に常に挑戦するのが日課と聞く。これほど心も身体もハイレベルのスポーツマンは日本でも数少ない様に思う。久しぶりに侍を見た。爪のカケラでもいいから煎じて飲みたい。

ここでまた告知!9月24日、この神の集団、空海が秋田県太平スキー場オーパスで行われる二輪・四輪合同イベントショーGIGにおいてその神業をお披露目する。ぜひ、ご家族・ご友人多数お誘いの上ご来場あれ。俺もジェベルで前座に出ます。 (開場午前10時、当日券あり) 060503_18180001

|

« 峠のオフ車(奥多摩) | トップページ | 初恋ライダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/2697424

この記事へのトラックバック一覧です: エキストリームの漢達(おとこたち):

» 貝塚のだんじり祭り [だんじり 貝塚のだんじり祭り]
岸和田藩主岡部長康公が五穀豊穣を祈願した稲荷祭りがその始まりと伝わる。総数20台のだんじりが市内3地区に分かれパレードを行い、その勇壮さを競う。 [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 17時41分

» 西条のだんじり祭り [だんじり 西条のだんじり祭り]
それぞれの神社によって、祭礼に奉納される山車は異なっており、石岡神社、伊曽乃神社ではだんじり(屋台とも称する)と御輿(御輿台)が、嘉母神社と飯積神社では太鼓台が奉納される。ただし、石岡神社では御輿を太鼓台と称する。... [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 19時57分

» だんじり祭り [だんじり祭り情報【だんじり 祭り】]
16–25歳の若者で構成される。地車の綱を曳く「綱先」「綱中」「綱元」と、だんじりに乗って太鼓や鐘、笛を鳴らす「鳴り物」とに大別できる。また、綱を持つのを卒業すると、「追い役」となり、曳き手のサポートにまわる。地車の清掃、飾りつけや、進路の路上駐車禁止を呼びかけたり、危険な溝の周りに土嚢を置いたり、ギャラリーを守るなどの役割を負う。 ほかに少年団、子ども会など。婦人会など、地域の人たちも休憩の時に曳き手にお茶や水を振舞うなどの形で参加する。... [続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 20時34分

« 峠のオフ車(奥多摩) | トップページ | 初恋ライダー »