« ’93-’94鈴鹿スーパーバイカーズ | トップページ | 中山峠ヒルクライム・レース »

2006年7月 4日 (火)

キャブ・チューン(基本編)

今日も濃い話をするぜ。俺はチューンナップが大好きだ。俺のチューン方法は外式強化術。キャブ、電装、マフラー等の簡単にイジれるパーツを改造したり、交換したりしてエンジン本体には手を付けずパワーを搾り出す。つまりライトチューンてやつよ。 (経験上これが一番壊れないで済む)まず今回はその内のキャブ・チューンから。

ジェベルのキャブを例に話を進める。ジェベルの負圧キャブの最初にイジる所はスライドバルブのスプリング。これを3分の2の長さにカットする。そして元の長さに落ち着くまで引っ張って戻す。 (カットする前に自由長を測定しておく)これでスライドバルブの上昇スピードが上がる。次にスライドバルブ下部の穴を拡大する。 (ジェベルの場合2㍉から3㍉に拡大)これでダイアフラム室内部から吸い出される空気の量が多くなりスライドバルブの上昇量が大きくなる。この二つの改造でハイスロ化出来るのだ。しかし、スライドバルブの動きが速く、大きくなる事でエンジンに吸入される空気の量は飛躍的に増大するから、キャブセッティングをしっかり取らないと何にもならんので注意。 (どこか改するたびにセッティングが必要)

次はジェットニードルの先(三角帽子状の所)をカット。そして先端をきれいに平面に仕上げ、直径1㍉のドリルの刃を使い平面になっった先端中心に深さ0.8㍉前後の窪みをつける。 (ニードルはドリル・チャックに挟み、回転させて行う)こうする事でフロート室から吸い出されたガソリンがニードル先端にぶつかり、攪拌されながらニードルに対し直角に拡がってニードルジェットから入る空気と効率よく混ざる。

最後はメインジェット(他にもチューンはまだまだあるが、いずれまた。のネジ部側の穴にメインジェットのネジ径と同径のドリル刃でドリルを使って軽く揉んでやりテーパーをつける。 (ネジを崩さない程度に注意する)これで完成。当然の事だがセッティングの必要あり。テーパーをつけることでガソリンが拡散され粒子が細かくなる。

これで燃焼効率が格段に上がる。しかし、燃焼効率が上がるとはいったいどうゆう状態なのか理解している人は少ないと思うので解りやすく説明する。簡単に言えばこうだ。焚き火をする時に燃えやすい枝と燃えにくい木では、同じ材質なのに木の方は口で吹いたり、うちわで扇いだりしなくちゃならない。枝は木よりも燃焼に多くの空気を必要としないわけだ。これをキャブに置き換えると、ガソリンを粒子を細かくしたり空気と混ざり易い状態を作る事で今までより燃焼に使われる空気が少なくなる。だが、エンジンに吸入される空気量は同じだから燃焼に使われなかった空気が余り、空燃比は高くなる。 (ガソリンが薄くなる)だからそれに合わせてガソリンを濃くすると以前よりもずっと増量させたガソリンが普通に燃焼させられる。つまりボアアップと同等の効果が現れるってすんぽうさ。ハッハー!

解らん事もいっぱいあるだろうが、これが俺の060618_07380001 Photo_1 ノーマルキャブのチューンナップ法だ。へたなレーシング・キャブより乗りやすくてハイパワー。コスト安で壊れない。

興味ある人は参考までに。

|

« ’93-’94鈴鹿スーパーバイカーズ | トップページ | 中山峠ヒルクライム・レース »

コメント

早速のブログ、興味シンシンで拝見させていただいてます。
いやぁ~~スゴイ人だわ、ピーキーさん!
これは是非とも「生ピーキーさん」に会ってみたい!
過激な爆走を観たい!(もちろんギャラリーとしてですよ)
いつの日か きっと・・・。

投稿: 南のオヤぢだす | 2006年7月 4日 (火) 14時31分

じゅべりすとの掲示板から飛んできました。読んでいて
めっちゃ楽しいです。個人的にはエキストリームと
ジェベルの改造ネタを楽しみにしています。応援してます。

投稿: がんちゃん | 2006年7月 4日 (火) 18時43分

祝!ブログ開設~!!
ムフフな内容にまいっちゃいました。
またイロイロ教えてくださいねー。
隠れピーキーさんファンのゆっき~でしたー。

投稿: ゆっき~ | 2006年7月 4日 (火) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/2489792

この記事へのトラックバック一覧です: キャブ・チューン(基本編):

» インパクトレンチとは [インパクトレンチ【電動・エアーインパクトレンチ、ソケットなど】]
メカ好き親爺の工具のブログです。色々工具情報を増やしています。よければ寄ってください!musashi インパクトレンチは打撃力によってねじ締めを行う工具です。ボルトやナットを回す際、手で回すよりも簡単に大きなトルクをかけることができます。タイヤホイールの締付作業を、軽々と瞬間的にこなすことができる機器です。インパクトレンチの仕組みは、電気や圧縮空気...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 09時34分

» 札幌からのショートドライブに、中山峠もドライブにはいいかも [北海道、札幌からの旅情報]
札幌の都心部から南区へ、南区の奥には定山渓温泉があります。この道は、国道5号線。この国道5号線をそのまま走り、山道を駆け上がると、中山峠があります。車で、ちょうど1時間くらいのところです。ここの景色は、最高です。やはり、天気いい日は蝦夷富士と呼ばれる、羊蹄山が見えます。中山峠は、南に向かうときは必ず寄る峠です。いわゆる、小休止場所です。私が小さいころは、中山峠に行くのにも1本道で砂利道でした。今は、当然、舗装をされた2車線が多い道です。今は、その道も旧道となり、一般車は、ほと...... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 17時11分

« ’93-’94鈴鹿スーパーバイカーズ | トップページ | 中山峠ヒルクライム・レース »