« エキストリームの漢達(おとこたち) | トップページ | 砂利道最高速アタック »

2006年7月19日 (水)

初恋ライダー

060717_09430001 今日はシートレールが直ってから最初の練習。おっ、休んだわりにいい感じ、調子良し。今日もギャラリーはキジ1羽。先月に原付ツーリングにジェベルで混ぜてもらったんだがとても面白く愉快だった。その時の事を詳しく書きたい。前から俺が通ってるバイク屋で原付ツーリングを時々主催したがなかなか忙しくて参加できずにいた。4ストの単気筒は250ccまで参加OK!と聞いていたので、いつかはと思っていた訳だ。そして先月、待望の原付ツーリングに行く機会があった「たかが原付で何嬉しがってんだよ。」と思うだろ?甘いね。大人が今まで温めてきたノウハウで作った原付は一味も二味も違う、ライダー人生の集大成マシンだ。舐めてはいけない。聞いて驚け!

朝8時出発予定で13人のメンバーが集まり、20~50歳代の原付マニアが自慢のチューニング・マシンを乗って来た。ホンダのカブ系エンジンの車両が多く、一目で金も手間も相当掛かっているのが分かるマシンも何台か来ていた。出発時間になり、それぞれが適当にスタート。2分もしない内にマシンのポテンシャル差によってグループが出来た。俺は先頭グループの後ろについて走った。俺の1台前のモンキーが原付としてはとてもハイペースなスピードのためにエンジンが壊れるのを恐れ戦線離脱。 (後で聞いたら88ccのキットを組んだがギヤ比の変更までは手が回らなかったそうだ。)ジェベルのスピードメーターは100km/hをすでに超えている。「おー、けっこう速いな。」そう思ったのも束の間広域農道に入った瞬間、更にペースは上がる。広域農道に入り先頭グループも縦に長くなりトップが見えなくなる。俺は堪らなくなってトップの後ろに付くため追い越しをかけた。俺のジェベルはチューンナップしてあるのでエキストリーム・バイク用にドライブ・スプロケット (フロント)を2T下げても140km/hは辛うじて出る。しかし、無理に回転を上げてエンジンに負担を掛けたくないので長い登りを利用して近づいた。トップの黄色いモンキーが下りでスピードを乗せる。背中を丸め、一つの塊の様になってドンドン加速した。俺も一定の距離を保ちながら前のモンキーを見守る。足回りが8インチ・ホイールのままのモンキーは140km/h近く出ていた。 (モンキーでこのスピードは相当怖い)油断すると離れそうになる。あわててアクセルを開けた。後ろでも後続の原付たちが俺の後ろを離れまいと付いてくる。もはや原付の速度域を遥に超えている。「ひょえ~!」日曜日の朝、観光地に向かう家族連れのスポーツ・セダンを皆がブンブン追い越して行く。バイク本体が小さくカワイイだけに抜かれた車のお父さんはバツが悪そうだ。長い広域農道が終わるまでこの調子だった。俺は自分の周りを走っている原付たちがグレムリンに見えてきた。

広域農道を過ぎてから道の駅で休憩。トップの黄色いモンキーの情報を本人や周りの者に色々聞くと、このモンキーはちょっと特別らしい。なんでもあるバイク屋のメカニックが何年も失敗を繰り返しながら研究してやっと作り上げた傑作エンジンだと言う。それを今のオーナーが譲り受けたのだそうだ。他にもう1台ハイパワーのモンキーを持っているが耐久性に問題があり、このモンキーほど安心して回せないとオーナーは語った。それだけこのエンジンの出来が良いと言う事か。マフラーはモリワキのチタン・マフラーを装着。前後のスプロケットは同じ歯数、つまり思いっきりの超高速型ギヤ仕様。 (スタートは半クラスタートが必要。)足周りもそれなりにイジってはいるが、とてもあのスピードで走れる感じには見えない。オーナーのやる気と根性があのスピードを維持させるのか?恐るべし。

この日は一日中、大人が乗る原付ってモノに魅せられてしまった。皆、少年の頃乗っていた原付や欲しかった原付を手に入れ、想うがままチューンナップする。そして初めてバイクに乗った興奮と感動を何度も蘇らせ、仲間と走る楽しさを忘れまいと大事にしている。俺もここ数年、バイクを素直に楽しむ気持ちを忘れていた。純粋にバイクを楽しむにはこの原付ツーリングは最高だ。パソコンの前の皆さんはどう思う?ご意見、感想があればコメント貰えると嬉しい。原付ブラボー!

今度の冬季のアルバイトで真っ赤なリトル・カブ買うぞう!

|

« エキストリームの漢達(おとこたち) | トップページ | 砂利道最高速アタック »

コメント

いつも楽しく見ています。やっぱり原点回帰なんですかねえ。

投稿: だいくま | 2006年7月19日 (水) 18時45分

いつも楽しく見ています。やっぱり原点回帰なんですかねえ。

投稿: wakamono | 2006年7月19日 (水) 18時46分

コメントありがとう!面白い話思い出してまた書きます。
お楽しみに。

投稿: ピーキー | 2006年7月19日 (水) 22時09分

あの人に(黄モンキー)ついて行こうなんて思ってはいけません(笑)ゆっくり走るのもいいものですよ!

投稿: ホース屋☆ | 2006年7月19日 (水) 22時19分

8インチで、100出すのはとても真似出来ないです(汗)
でも、回し切る楽しみってありますよね。
読んでて楽しいですよ。

投稿: ヌノ | 2006年7月20日 (木) 00時33分

原付欲しいです。リトルカブ買ったらラムエアー・システムの実験車両にしてブン回します。 (予定)

投稿: ピーキー | 2006年7月20日 (木) 00時54分

ここでは、お初です。
俺の8インチではとてもついていけません。
あの小猿は特別ですよ。
また参加してくださいね。

投稿: すずめ☆86 | 2006年7月20日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/2713804

この記事へのトラックバック一覧です: 初恋ライダー:

« エキストリームの漢達(おとこたち) | トップページ | 砂利道最高速アタック »