« 砂利道最高速アタック | トップページ | 鴉と死神ライダー »

2006年7月21日 (金)

バトル野郎、そこまでやるか?俺。

砂利道最高速アタックの事を書いたら大した事ないってコメントを貰った。全くその通りだ。 (マシンが凄いだけと言ったはずだが)だから今は純粋に自分の技能を問われるエキストームに夢中なんだ。マシンの性能は決して自分の性能では無い。それが分かれば後は己を磨くのみ。ご意見、批判大歓迎!!!俺はこの世で退屈が死ぬほど嫌い。俺の方が凄いと思う者がいれば、ぜひ一度勝負しようぜ。楽しみに待ってる。では今夜もオナニーサイトでも書くか。 (死ぬほど喧嘩好きな俺)

俺はしばらくバイクの世界から離れた時期があった。そんな時に知り合いの子供にミニ四駆を教えられ、子供のおもちゃらしからぬ難しさにハマった。 (俺は依存傾向がある。)その日の晩には本屋に行きミニ四駆の情報を片っ端から集めた。次の日には専用コースを2セット買い、研究の毎日。そして近くの模型店のミニ四駆のコースに通い、速いマシンを見つけてはオーナーの小学生にお願いしてマシンのセッティングを教えて貰う。それだけではまだ足りずラジコン通のバイク仲間にどうすればミニ四駆が速く走れるか相談した。そして年齢制限なしのミニ四駆大会に足を運び、大会に出場しながら優勝者にノウハウを聞いたりしてマシンの創作イメージを頭に描いた。半年後、地元の模型店では馬鹿っ速のお兄さん (子供達から最初はおじさんと言われてたが、俺のマシンが速いのが分かるとすぐに呼び名がお兄さんになった。)として模型店主催の大会ではいつも賞典外扱い。地元の大会が大人が勝つのを恐れ、年齢制限のみの大会になると俺は新たな戦いの場を求めた。

俺のマシンの作り方は大人買い作戦だ。模型店でミニ四駆のシャーシを大量に注文。購入したシャーシを自宅のテストコースで剛性試験をする。その中で試験に合格したシャーシをレースに使い、後はマシンセッティングのテスト用、子供との娯楽用に3つに分ける。だいたい合格するのはシャーシ20個に1個か2個程度だ。 (この当時のシャーシは弱かった。)そして沢山の種類のレース用オプションパーツの中からどんなコースでもそこそこ速い組み合わせの仕様を見つけ出し、確実に完走できる事を目標にした。モーターは比較的に非力なタミヤの公式レース用モーターを好んで使い、非力な分を走行抵抗の軽減やコーナーでスピードを落ちないセッティングでカバーする。もちろん各パーツも精度の良い物を大人買いした中から選び、メンテナンスもラジコン名人から教わった本格的なモノだ。ボディはわざと塗装をせず、純正のシールを使う。 (塗装すると重くなるため)見た目は俺好みのブラフ (実力を隠す事)マシンに出来上がり。鬼の様に金と時間と情熱を掛けたミニ四駆が完成した。

俺は静岡の模型店で遊園地のジェットコースターの様な凄いミニ四駆専用コースがあると情報を聞き、秋田から遠征した。 (3連のループがあり、超タイトなスピードコースだった。)その模型店には1年近く破られていないコース・レコードがあるそうだ。「うちに出入りする子供達は皆メチャクチャ速いです。大人でもなかなか勝てませんよ。」模型店の親父は言った。俺はコースをじっと見る。マシンのセッティングのイメージが湧いた。そして通販で買った怪しげな会社が製造した耐久性がない代わりに馬鹿みたいに回るモーターを使う事にした。 (高価格のわりに寿命は数分)そしてそのモーターに合わせマシンの前傾度を上げたり、飛び出し防止策を講じた。コースインして2分後、コース・レコード達成。模型店の親父に報告。親父は引きつった顔で言った。「大人に本気になられてもねぇ。」俺はその言葉で目が覚めた。子供の遊びを取っては駄目なんだと気が付いた。そして俺はまたバイクの世界に戻ったのだ。

2年後、青森のみやげ物屋で新型のミニ四駆を見つけ、思わず手に取る。昔、俺が求めていたコース走行ギリギリに拡大された幅広ボディ、ロングホィールベース、高剛性のシャーシになっていた。すぐに買い、その夜、自分の集大成的マシンを作った。悦に入り、テレビの上に飾る。次の日、仕事から帰るとその俺の集大成は息子にバラバラにされ無残な姿に・・・。やっぱり俺にはバイクなのか。

そして今年、デカイ兄ちゃんに声を掛けられた。「誰?」その兄ちゃんはミニ四駆時代の俺のファンだそうだ。当時の小学生が俺を見下ろす位成長していた。時の流れは相変らず速い。

|

« 砂利道最高速アタック | トップページ | 鴉と死神ライダー »

コメント

リアルミニ四駆世代の者です
シャーシの大人買い、、、そのやり方は気が付かなかった!
当時はあまり空気抵抗も考えずにパーツをゴテゴテ付けて外装を肉抜きしまくってましたなぁ
今考えたらそんなんで速かったら苦労しないんですが

最近カブを大変な事にしているせいかミニ四駆のことを丁度思い出していました
スケールは変われど夢中になる本質は同じなんですね

投稿: 葛葉@どうでしょうカブ | 2006年7月21日 (金) 18時15分

おもしれ~

投稿: 34 | 2006年7月21日 (金) 22時07分

チューニングは最高のゲームです。
みんなでイジりましょう!

投稿: ピーキー | 2006年7月21日 (金) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/2740265

この記事へのトラックバック一覧です: バトル野郎、そこまでやるか?俺。:

« 砂利道最高速アタック | トップページ | 鴉と死神ライダー »