« 真っ赤な機体を考える。 | トップページ | 初級・過給器の歴史 »

2006年8月12日 (土)

バイク人生最大の誤り

俺はカブ系のエンジンのマシンはゴリラしか乗った事が無い。昨日、生まれて初めてクラッチなしのリトル・カブに乗って感動した。何故かは分からないが凄く楽しいのだ。僅か時速60キロ程しか出ないのに拘らず面白い。この時期の田舎を走るには最高に思えた。俺は走りながらハイ・ローズの「日曜日よりの使者」を何度も歌ったんだ。もし、生まれて初めて乗ったバイクがスーパー・カブだったなら今とは違う人生を歩んでいただろう。 (あっさりバイクに飽きたかも)だか、昨日は久しぶりに走りこんだ。満タンからガス欠になるまで走るなんてビックタンクのジェベルに乗ってからは無かったからな。今日はリトル・カブのインプレッションというか走って感じた事を素直に書きたい。

カブの遠心クラッチは思っていたより感じいいね。だだし、ヨーロッパ・スタイルのシフト・ダウンが必要。つまりブレーキングの終盤付近でシフト・ダウンをする。こうしないとスピードとギアの噛み合せが上手く取れない。しかし、マシンの取り回しに慣れてくると、ほとんどのコーナーをトップ (3速)をキープしたまま走れる。14インチのタイヤはコーナーのライン取りが楽でいい。2速に落とす時は上り坂か交差点の右折待ちの時位だ。このギアだと高回転型エンジンにするよりダンプ・カーみたいなトルクフルなエンジンの方が面白そうだ。トップオンリーで何処でも走れる仕様もアリだな。 (チューンナップの参考にしておく)実は昨日、初乗り後にいきなりチューンナップを施した。最高速付近で硬質の振動が出た為に手が痺れ、腰が痛くなったので得意のキャブ・チューンで振動を軟質に変えて量も減らした。方法は前にブログで紹介した燃焼効率を上げる加工をしたのだ。作業時間はたったの15分で完了。後日にメインジェットを1ランク上げたいがパーツが手元にないのでそこまでにした。加工ついでにラム・エアーシステムの改造法の考察してみると何とか成りそうに思える。次回はノーマル・エアクリーナーボックスを改良してラム・エアーに適した吸気口にします。 (ついでに吸気口の大きさについてもテストして最適なサイズを見つける)リトル・カブの印象は好感触で満足です。ただし、シートをセミダブルに変更しないとスポーツ・ライディングにはキツイ感じがした。後、スパーク・プラグを2番熱価を上げないとダメそうだ。

エキストリーム・バイクの練習で希望のサイズのタイヤに交換したら、良くなった点の他に気になる所も出てきた。感覚と自分のイメージとのギャップを埋める作業がこれからの課題だ。ショー本番まで間に合わせたいと思う。近所に住むモトクロスの後輩少年が俺の練習を見に来たので本調子ではないが、得意のトリックを幾つか見せたら大喜びだった。やっぱり人に喜ばれるって嬉しい。ブログの方も無理せずに少しずつ書きます。また面白そうな話を見つけたり、思い出したら書きますのでチェックしてください。

リトル・カブに乗ってたら涙が自然にこぼれてきた。訳は分からないがこのバイクの素晴らしさはよく分かった。少し前まではたとえバイクで事故って死んでも、その時に乗ってたのがカブなのは絶対に嫌だと本気で思っていた。多分、これが誤りだと分かったから涙が出たのかもしれない。カブは日本が世界に誇れる偉大な文化財です。

|

« 真っ赤な機体を考える。 | トップページ | 初級・過給器の歴史 »

コメント

あいかわらず、いい時間の過ごし方してますね

投稿: wakamono | 2006年8月12日 (土) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/3026631

この記事へのトラックバック一覧です: バイク人生最大の誤り:

« 真っ赤な機体を考える。 | トップページ | 初級・過給器の歴史 »