« GIG | トップページ | 無頼 »

2006年9月26日 (火)

GIG2

Photo_10 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_8 今日は、昨日に続きGIGについて書かせてもらう。エキストリーム・バイクは昨日紹介したから、今日は2輪、4輪のドリフトの紹介。まずは2輪。酋長によるFTR250・Z1 (Z900)のドリフト走行は特筆品の代物。真横に走るのは当たり前で、立ち上がりにはウィリーも決めてしまう。FTRもZ1もフロント・タイヤはロード用。リア・タイヤはFTRはトレールタイヤでZ1は雨天用モトクロスタイヤ (競技用公道不可)を装着する。聞けば、Z1は色々試したがこのタイヤでないと綺麗に流れないそうだ。酋長は自分の事をしゃべりたがらないが、実はロードレース国際A級ライダーで、元ヤマハのテストライダーでもあった。 (ヤマハOW01の開発にも係わった)現在はFTRでダートトラックレース選手権を走り、いずれZ1でのダートトラックレース参戦の為に準備を整えている凄いファイターだ。250kgのZ1を簡単にスライド・コントロールさせる技術は、4輪ドリフト・ドライバーも唸らせてしまうほど。流石は80年代にロードレース激戦区を勝ち上った男。やる事が凄すぎる!

次は4輪。4輪ドリフト・チーム EXCESSIVEによるドリフト走行はド迫力の一言に尽きる。本番当日は練習走行の5割り増しの全開走行で、しかも安定感もバッチリの玄人集団。D1グランプリ出場ドライバーで構成されたメンバーは一見、紙一重に見える危険で高度な連係技もしっかりと計算して行われている。運転席で満面の笑みで走るドライバー達に大会関係者は半ば呆れ顔。俺は会場本部テントで見ていたが、テントの中にも爆音の中で何も見えなくなる位の白煙と共に飛んでくるタイヤダスト。さらに観客達の怒涛の様な歓声が飛び込んで来る。地元秋田の人は晴天でのドリフト走行を初めて見る人がほとんどだった為か、 (昨年のGIGは雨天)興奮の度合いもかなり大きい様だった。その喜びようといったら、竿頭祭りも真っ青の状態。 (本当です!)今回の走りなら来年は観客数倍増も当然でしょう。下手な興奮剤以上に刺激的な一日でした。楽しー!

GIG閉会後は関係者全員で場内を清掃。今回は120㎏のタイヤダストとアスファルトダストが集められた。 (公式練習時の約3倍)

|

« GIG | トップページ | 無頼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/3593025

この記事へのトラックバック一覧です: GIG2:

» フロントにストリングスのレースアップ♪ストレッチジーンズ14_3451(Lウォッシュ) [おしゃれ通販]
時々読ませてください。それでは。 [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 21時39分

» ドリフト好きのポータルサイトです。 [ドリフトやりたい!]
ドリフト好きのポータルサイトです。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 07時05分

» JZX100やね!JZX100情報満載! [JZX100やね! JZX100情報満載!]
JZX100とは、96年~00年まで生産されたトヨタの8代目マーク II、6代目チェイサー、5代目クレスタの2.5リッターモデルの車輌型式です。 主力モデルが2リッターの1Gエンジンを搭載しており、... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 23時37分

« GIG | トップページ | 無頼 »