« 再考 | トップページ | 波 »

2006年10月25日 (水)

異種

2勝1敗1引き分け1ノーコンテスト。これは俺が人間以外の生き物とバイクで競争した時の勝敗だ。バイクに長く乗っていると、色んなのと競争になる。それが車だったり、列車だったりと思わず速さを競うのがバトル好きの悪い癖。そこで俺は異種競争をした訳だ。そういえば競争ではないが、俺が生まれて初めて喧嘩した相手は近所で飼われていたニホンザルだったなぁ。どうやら俺は何かと挑んでしまう性分らしい。

まず最初の勝負は正真正銘の1馬力、馬との川原でのバトル。20年前、東京八王子のすぐ近くの多摩川の河川敷で朝早く馬に乗った人がいた。俺は普段に川原の砂地のデコボコ道でモトクロスの練習をしていたのだが、その練習コースを馬が散歩していたのだった。馬に乗った人は俺の乗っているヤマハYZ125を見て、自慢の馬の実力を披露したかったのか、いきなり2.3本ダッシュを始めだした。俺も相手がその気ならと、馬の横に並び馬がスタートするのを待った。馬上の人は素知らぬ顔をしたがらも突然ダッシュ開始!俺も砂地の抵抗に負けない様にYZのアクセルを大きく開けながらクラッチミートさせた。勝負は圧倒的速さで馬の勝ち。馬はどんなに大きなギャップでも、まるで平坦な道を走るかの如く馬体を全く上下に揺らさずに一気に駆け抜けてしまったのだ。あの速さにはどんなに速いモトクロスライダーでも勝てないと思う。良い勉強をさせてもらった。

まずは負ける事から始まった異種競争。次にバトルしたのは鹿。KDX200SRで林道をガンガン攻めて走っていた時の事。ブラインドコーナーからフル加速で立ち上がると前に2頭の鹿がいた。2頭の鹿は突然現れたやかましいバイクに相当びっくりしたのか、俺が進む方向へと逃げ出した。俺もそのまま面白がって鹿を追った。全力疾走する鹿。すぐにメーターの針が3桁の数字を指すと程なく鹿に追い着いてしまった。追い着かれた鹿は身体を反転させて崖下に飛び込んだ。物凄い勢いで崖を降りる鹿。上から見ていると降りているのか、落ちているのか見分けがつかなかったよ。とりあえず1勝となった。2勝目はニホンカモシカで鹿を同じく林道でバッタリあったら競争になった。結果も同じくカモシカも崖下へと消えて行った。

1引き分けはスズメとの勝負。田んぼのあぜ道をKDXで飛ばしてたらスズメが驚いて飛び出した。スズメにとってはたまたま飛んだ方向がまずかった。またしても俺が進む方向に飛んでいる。俺が追い着くとスズメは俺のすぐ真横を全く同じ速度で飛んでいる。俺から見ると横で止まっている状態に見えた。手を伸ばすとすぐに届きそうなので、左手で叩いてみる。するとパシッ!を手が当たり、スズメは地面をゴロゴロと転げ落ちるハメに。ちょっと可愛そうな気もしたが、その後すぐに飛び立った。

そしてノーコンテストの勝負。奥多摩有料道路 (現在は無料)をKR250で走っていたら、突然藪の茂みの中から猪が俺に向かって猛ダッシュ!俺は驚いてすぐにアクセルオン。たまたま低いギアで走っていたからバイクがすぐに反応してくれて寸前でかわす事が出来た。俺にかわされた猪はそのまま崖下をダイブして落下。俺はすぐにバイクを止めて猪が落ちた崖下を見たが、遥か下の林が見えるだけで猪の安否は分からなかった。しかし、間違いなく猪は死んだと思う。あの猪をかわす事が出来なかった時には、この崖を落ちていったのは俺の方だと思うと腰が抜けそうになったよ。

猪突猛進を全身で感じてしまった俺。この件で後先考えずに突き進むなんて自殺行為だと悟る。

|

« 再考 | トップページ | 波 »

コメント

 はじめまして。カブの情報をネット検索していたらここを見つけてしまいました。とても面白いですね。私は土崎在住で今年の夏にカブの90をゲットし、原付2種の楽しさに目覚めた一児の親父です。ところで、間違いないと思うのですが、今朝(10/26)七時頃国道七号を能代方面に車で通勤しているとき、道路のセンターライン沿いをものすごい勢いで土崎方面に爆走してくるバイクがいるなあとぼんやり見ていると、赤いカブではありませんか!オレンジ色のつなぎを着ていたのはピーキーさんではありませんか?今日一日何度も思い出してはにやけておりました。さらに先週末は34さん(?)とストリートマジックの二台が練習しているのも目撃してしまいましたので、勝手に距離感が近くなったような気がしています。またちょくちょく見にきます。

投稿: カブ男 | 2006年10月26日 (木) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/3953706

この記事へのトラックバック一覧です: 異種:

« 再考 | トップページ | 波 »