« 良心 | トップページ | 無頼宴2 »

2006年10月15日 (日)

無頼宴1

昨日、今日と俺の所属するチームの集会「無頼宴」が行われた。土曜日の初日ツーリング、午後1時に俺のマッハバロン号 (リトル・カブ)、CRM250、T-MAX、バンデッド1200、X-4の5台が集まった。目的地は田沢湖周辺で、タイトなブラインド・コーナーが多い場所だ。マッハバロンの実力と試すには最適の場所でもある。田沢湖までは仲良くコンボイ走行で、湖に到着してからは湖畔一周のフリーランの全開走行。俺は先頭スタートして後から来るマシンに先行逃げ切りを掛けた。

この日のマシンの調子は悪くない。ここでも最高速 (約90㎞/h)イコール・コーナーリングスピードの走りが出来た。10分ほど走ってから後ろを気にしてみたが、他の4台は全然追い着いてこない。途中、道路工事のせいで停車していると後続集団が揃って後ろに着いた。道路工事の誘導員の合図で再度スタート。また逃げ切りを掛けるべく反対車線を含んだ道幅全部を使い、走行ラインを大きく取る。小排気量マシンの命は他車との絶対なるコーナーリングスピードの差にある。いかにこの差を大きくするかが大事なのだ。大きくライン取りを取る事によりコーナー先の状況が早く分かり、アクセルを開ける時間を長く出来る。また、前方の車を追い越しする際の判断が瞬時につき易い。ただし、常に対抗車がコーナー先から現れた時の事を想定して走らなければならない。 こうした走りを繰り返す内に後続のマシンを引き離す事に成功。先頭のままゴールのドライブインに到着し、後のマシン達もすぐに到着した。そしてドライブインで休憩。皆、想像以上に走るリトル・カブに驚いたようで、俺のすぐ後ろを走ったバンデットのライダーは「ストレートを160㎞/hで走って追い着いても、その先のコーナーですぐに離される。あの走りはカブじゃない!」と盛んに言っていた。全ては俺の目論見通りとなった。 (やった!)

これも一昨日来た水本マフラーの影響が大きい。このマフラーはとてもトルクフルで坂道でも十分にスピード維持が出来る。 (坂道でも80㎞/h以下に落ちない)また、武川のリア・ショックがしなやかに踏ん張ってくれるおかげで、立ち上がりや追い越し時の速度の乗りが良いし、ノーマルのフロント・サスは相変わらず良い仕事をいてくれた。あんまり気持ち良く走るから、思わず田沢湖はマッハバロンの為にある様なコースだと思ったよ。

その後、飲み会予定のキャンプ地まで県道を走り、バンバン前方の車を追い越して道を急ぐ。追い越された車に乗っている人達は俺の抜かれると「何が起こったのか?今、抜いてったのは一体なんだ?」と皆、二度振り返るんだそうだ。 (バンデットのライダー談)結局、初日のツーリングは事故や大きなトラブルもなく無事に終り一安心。カブ改でもビックバイクも食える事を証明出来たから俺は大満足さ。そんな俺に向かってチーム仲間のCRMに乗る男が笑いながらCa280044 憎まれ口を叩く。

「だってしょうがねぇじゃん。ピーキーさんだもん。」 (どうもすみません。)

|

« 良心 | トップページ | 無頼宴2 »

コメント

マッハバロンwithピーキーはオレが倒す!またしばらく冬眠に入るので、しばらく待っててけれっすな!

投稿: マキオ | 2006年10月16日 (月) 21時15分

ピーキーさん、この時点では
ノーマルキャブなんですね・・
すごすぎます。
ここまで到達するのに
かなり時間を費やしそうです><
現在の使用、中華PC20キャブ、パワフィル、85CCボアアップ(ノーマルヘッド)スプロケF15、R37
マフラー、プロト社スーパーサウンド
プラグ7番
メインジェット75クリップ真ん中です。
これで平地65、下り、80、上り50~60です。
この差は歴然ですね・・
正直、何が原因かわからないですが
ラムエアのエアクリに期待してます。

投稿: 極楽 | 2008年8月 7日 (木) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/3819360

この記事へのトラックバック一覧です: 無頼宴1:

« 良心 | トップページ | 無頼宴2 »