« ボアアップ | トップページ | 波動 »

2006年10月 2日 (月)

立ち食いそば

Photo_14  マッハバロン号 (リトル・カブ)の慣らし運転初日。排気量が上がったら、75ccの時には大丈夫だった応急処理で直したはずのモリワキマフラーが排気漏れを起こして芳しくない。70㎞/h近く速度が出ると排気漏れのたびに一瞬、失速してしまう。まいったなぁ。早く来てくれ、水本マフラーよ。俺にはお前が必要だ。 (単に60㎞/hで走れば問題なし?)

夕飯後、月刊コミック・リュウ創刊号の付録、俺が大好きな押井 守監督の「女立食師列伝」DVDを鑑賞。映画「赤い眼鏡」から続く一連の物語を20年近くも描き続ける押井監督のこだわりに感心するばかりだ。しかも、どの映画もシリーズ作品なのに全く違う映画に見えるほど、毎回力作揃いなのが凄い。 (最近、人の感心ばかりしている俺。)劇場版パトレイバーの同時上映作品「ミニパト」に使われた切り絵アニメーションを写真でやっている「立食師列伝」は今度ぜひ見てみたい。押井作品はいつも俺の魂に突き刺さる。

DVDを見てたら突然、リトル・カブのエアクリーナー・ボックスに採用しているラムエア・システムを、もっと加圧出来る様に仕様変更するアイディアが浮かんできた。下着姿のまま車庫へ行き、エアクリーナー・ボックスを改良した。ボックス本体にジェベルから以前外した吸気ダクトを加工して装着し、ラムエアの導風パイプにするのだ。追加した分、吸気穴を減らしバランスを取る。穴を塞ぐのにはシリコンで埋めておいた。それと、乾式エアクリーナー内部に伸びた吸気ダクトをカットして吸気抵抗も減らす。キャブ・セッティングが変わるかも知れないが、どうせ慣らし運転後にセッティングしなくてはならないので同じ事だ。レース用キャブを使わないからパワーアップもアイディア勝負。目指すは扱い易いハイパワー!

「女立食師列伝」を見たら無性に自動販売機の立ち食いそばが食いたくなった。今から港までカブで食いに行くかな。

|

« ボアアップ | トップページ | 波動 »

コメント

立ち食いそば・・
俺ラの仲間内では「スタンディングヌードル」と云ってます(笑)

ん~~、送信できるかな??

投稿: 南のオヤぢだす | 2006年10月 2日 (月) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/3659835

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち食いそば:

« ボアアップ | トップページ | 波動 »