« 迷い | トップページ | 縄張り »

2006年10月 8日 (日)

宗教

今日は宗教とバイクについて書きたい。俺は宗教について1つの考えがある。それは強い者には宗教は必要ないという事だ。自分が若く、全身に力が漲り、生きる事に張り合いを持てる時には神や仏の存在を感じる暇もなく、またその必要もない。人間は生まれてから必ず訪れるゴール、死に向かって走っている。生きる事に疲れたり、自分の人生に希望を見出せない時になって初めて何かにすがりたくなるものだ。俺は高校時代、自分の人生に一切の希望が持てない時期があった。そんな時に一冊のバイク雑誌に出会い、バイクに乗りたいと強く願った。それから20年以上バイクと共に生きている。この時はバイクに救われたと思った。しかし、このバイクも俺に絶望を感じさせる原因になったりした。

バイクは時としてライダーの死の発生原因にもなる。でもバイクはあくまで道具であって、死の直接の原因はその人の行動や能力そして運が問題となる。その死に対し向き合うからこそ本物のライダーはバイクに乗り、生きる喜びを感じられるのかもしれない。今から10数年も昔、峠ブームの頃に奥多摩や大垂水で救急車に運ばれる沢山のライダーを見た。あの頃は皆どこかおかしかった。俺もその一人だ。目の前で死んで行く名も知らぬ仲間達。「ここは戦場か?」と錯覚すら憶えるほどの異常な事態が毎週続いた。そんな加熱したブームも去り、普通のバイクライフを送れるかと思えば俺はそうではなかった。まるでベトナム帰還兵の如く、あの異常な事態に身を置いたせいで身に危険を感じるほどの強い刺激がないと眠れなくなってしまった。病院にも行ったが睡眠誘発剤をもらうだけだった。眠れぬ日々が続く。生活は荒れ、トラブル続きの私生活に疲れ果てた俺に、今はもう故人となった兄の様に慕っていたバイク屋の主人が「またレースをやれ!」と言った。俺は言われるがままにモトクロスをやっていた。そして次第に元の自分を取り戻していった。

宗教とは救いを求める人を救う為にあるべきと思う。また生きる希望を見出せない人の為にもあり、そして死の恐怖に苦しむ人の為にあるべきだ。だが実際には宗教間の摩擦により世界中で抗争や戦争が起きている。俺が仮に神さまだったなら「お前ら、なにやってんだよ!」と言うね。本来の宗教の意味を見失っているのが人類創生以来の宗教の実態だ。 (全部とは言わないが)それに比べたらバイクとは、宗教で麻薬で薬で最高のパートナー。こちらの考え方1つで何にでも変わる。面白いだろ、バイクって。俺はバイクが好きだ。年配のライダーには俺の様に「バイク抜きの人生など考えられない。」と言う人が多い。現在進行形の人もいるだろう。こうなると本当に宗教に近い。バイクに乗る事で幸せを感じられる人は幸運な人だ。

俺の入信してる宗教の名を知っているかい?その名はスピード教。

|

« 迷い | トップページ | 縄張り »

コメント

宗教・・って難しいですよね。

この間TVで観たアメリカ戦争映画のワンシーン。
攻撃前の隊長の訓示?
「神に祈ろう。敵を皆殺しにし、我等を無事に家族の待つ祖国に帰したまえ・・アーメン。」・・って、おいおいっ!
それって変ぢゃない?と思うのは天邪鬼の俺ラだけかな?

因みに俺ラは Z真理教です。(笑)

投稿: 南のオヤぢだす | 2006年10月 8日 (日) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/3730675

この記事へのトラックバック一覧です: 宗教:

» 某社で働くプログラマン [デスマーチはマーチデス]
はじめまして。面白いブログなのでお気に入りに入れさせて頂きました。よろしければ私のブログも見て頂ければ幸いです [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 12時18分

» 催眠術マニュアル [時間と手間をかけずに収入を増やす方法]
この教材は、ネットの中では全く新しい技術と理論です。 なぜなら 本当の催眠術師が、全くの素人さんに、催眠を教える教材だからです。他者催眠(他人に掛ける) 自己催眠(自分に掛ける) これらのすべてを、誰でも使えるようにする教材です。口説きマニュアルとしても、自己啓発としても、ナンパテクニックとしても、モノを買わせることも・・・様々な事ができるようになります。その技術を身に付けたい方はこちらへ・・・。催眠術マニュアル... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 10時07分

» 催眠術師コーヒーポッド [催眠術方法]
参加する決断は、半年後に決めてください。なぜか?それは、半年間のカリキュラムを終了した時点で・・・ [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 03時03分

« 迷い | トップページ | 縄張り »