« 自問自答 | トップページ | 異種 »

2006年10月24日 (火)

再考

今度の土曜日に俺が通っているバイク屋のお客同士で行われるレース、「みうち耐久レース」がある。最初は原付バイクによる仲間内ナンバーワン決定戦のノリだったのが、レースが行われるカート・コースで11月にミニバイク耐久の選手権レースを開催するらしく、その予行練習にと他県からのミニバイクレーサーの参加が相次いでしまった。オイオイ、大丈夫か?当日はほんわかムードがぶっ飛ぶ様な乱戦にならない事を祈る。 (なったらなったでやるだけだが)

昨日、ブログでヨシムラMJNキャブレターをマッハバロン (リトル・カブ)に採用すると書いたが今日になって悩んでいる。なぜならクリッピング・ポイントってショップの広告を見てしまったからだ。MJNを装着するのに掛かる費用を計算すると、あと2万円ほどプラスで102ccボア&ストロークアップ・キットが買えてしまうからだ。何なんだこの安さは・・・ ただただ驚くばかり。こりゃぁ、考え直す必要がありそうだな。

昔、KDX200SRでCRM250に最高速で勝とうとして大金をつぎ込んだ経験がある。峠や林道の速さでは圧倒したものの、とうとう最高速では一度も勝つ事が出来なかった。この時の教訓で「排気量の差は金では埋まらない。」と分かったのだ。本当の事言うとKDXとCRMの両方を注文して先にきた方を購入する事にしてたら、先に来たのがKDXだった。後から来たCRMは友人が購入。自分でそうした手前、マシン選択をミスした事にしたくない気持ちが強く、昔から尖がった性格の俺はCRMに負けじとチューンナップしたのだ。しかし、初期型CRMはオンロード向きの味付けでオフロードバイクとしては当時べらぼうに速かった。CRMはどんなにモデル・チェンジしても最高速は一律160㎞/h前後、生まれながらのスプリンターだった訳だ。今、思い出しても悔しいよ。

昨日の今日で言う事が変わってしまい我ながら情けないと思うが、後で後悔する前によく考えている次第だ。ラムエア・システムに改造したエアクリーナー・ボックスにも愛着があるし、出来れば、可能な限り活用して行きたい。もう一度チューンナップ計画の見直しをするよ。

俺は鋼鉄製の風見鶏。

|

« 自問自答 | トップページ | 異種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/3943819

この記事へのトラックバック一覧です: 再考:

« 自問自答 | トップページ | 異種 »