« 勉強 | トップページ | 自己分析 »

2006年11月21日 (火)

冒険

やっとマッハバロン (リトルカブ)のエンジンが組み上がった。1ヶ月ちかく間が開いたので、エンジンを組むリズムが上手く取れないで苦戦する。最後にイージーミスをしてしまい1回ほど組み直したが、無事に始動する事が出来た。ミス直後は情けなさでやりきれなくなったが完成すれば苦労もどこかへぶっ飛んでしまったよ。ついでにエンジンをライトアップしながら走行出来る様に、メインフレームに50cmの赤いLEDのチューブを装着する。さらにフレームカバーの裏には反射材を貼り付け明るさの倍増を狙う。その結果「ゲッ!気持ち悪い。」赤い車体にエンジンが赤く浮かび上がると、お化け屋敷そのままの怪しげな雰囲気になってしまう。「これもかえって俺らしくていいかもしれないな。」無理にでも自分を納得させる俺。これで速けりゃ妖車だぜ。

エンジンを始動してみたら、俺の周りに小さいハーレーダビットソンの様な野太い音が拡がる。振動の量もハーレー並みだ。JUNから前もって振動が増えると言われていたが不快な振動ではなく、むしろ鼓動と言える心地よいモノに感じる。実際に乗ってみないと本当の事は分からないが、とにかく気に入ったよ。水元マフラーが俺に「旅をしろよ。」と訴えている様に思えた。気のせいか落ち着いた雰囲気が出てきたのだ。「春になったらどこかへ面白い事を探しに行きたいよ。」キャッシュカードと寝袋持ってな。 (今は道の駅があるからテントがなくても楽に旅が出来そうだ)

カブのチューンナップが一段落したのから、エキストリーム・バイクの方で600ccのロードバイクに乗り換えるつもりでいる。ロードバイクに乗るのは15年ぶりとなるが、気の小さい俺には大冒険だよ。

|

« 勉強 | トップページ | 自己分析 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/4259906

この記事へのトラックバック一覧です: 冒険:

« 勉強 | トップページ | 自己分析 »