« 機能美 | トップページ | 紅白 »

2006年11月28日 (火)

ピーキーの恩返し

ブログにコメントを下さったwakamonoさんへの返答。対応機種はありません。古いタイプのレバーによくある、指一本ずつに窪みが付けられているレバー以外ならほとんど改良可能です。あなたの様に困っている人の為ならレバーさえ送ってくれれば無料で加工しますよ。ぜひ、使ってみてください。おそらく、このレバーを使えば苦痛は半減、もしくは出なくなると思います。34と同じ様に天下無双のレバーを求めている場合は、ダート・フリーク (オフ系ショップ)のカタログから自分の愛車に合うDRCの新型レバー (クラッチのレバー比を選択できるタイプ)を購入して送ってください。

午後10時頃、34からクラッチのお礼の言葉を電話でもらった。なんでも、俺の加工したレバーを使用する事で初めて可能になった技があるとか。最初、電話をもらった時は「ブログで大げさに書くな。」とでもクレームを言われるのかと思ってたら「使ってみてピーキーの言っている意味がやっと分かった。とにかく凄い!」と言われたよ。 (ホッ。)34からはこんな事も言われた。「トライアルとかみたいに高い技術を要求する種目ほどピーキーのレバーは生きてくる。」そうなんだよなぁ、だから容易にして理解されない俺のレバー。でも喜んでくれて良かったよ。また一つ、俺のやってきた事が報われた。電話の間中、涙がこぼれそうなのをグッと堪えていたよ。本当に良かった。

俺は34から「600ccに乗り換えるならCBR600F4iが無難だよ。」と教えてもらった。そんな訳でCBRを次の愛機と決めて探し回っている次第だ。そんなに売れた車種じゃないから苦労しているが、来春までにはどうにかしたいと思う。見つけたら全国どこにでも取りに行くぜ!速攻でな。

俺は34に感謝している。「エキストリーム・バイクを一緒にやろうぜ。」と誘ってもらったからね。今回のレバーはその恩返し。

|

« 機能美 | トップページ | 紅白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/4338636

この記事へのトラックバック一覧です: ピーキーの恩返し:

« 機能美 | トップページ | 紅白 »