« 謎 | トップページ | チーム・カラー »

2007年1月27日 (土)

パンドラの箱

毎度お騒がせします。ピーキーです。
MIZさん、いつも貴重な意見有難うございます。でもMIZさん、アンタ一体何者?何れにせよ只者じゃないね。タイヤローラーの転圧の方向で路面抵抗が変わるなんて、舗装屋だった俺でも知らなかったよ。空間の気温や湿度、それに空気の密度の差のせいではないかと薄々感じてはいたが、具体的に答えられる人が実際にいるとは夢にも思わなかった。いや~、世の中広いね。参りました。

今日、もう一度マフラーのバッフルを外して走行 (通勤)してみた。エンジンの伸びの悪さの原因を究明する為だ。乗った感じがノーマルエンジンの特性をそのまま持っている様に思える。伸びは悪いが力はある。それでいて扱いやすく壊れる気がしないノーマル・カブ特有のあの感じだ。俺はマッハバロン (リトルカブ)を乗る様になって、最初に50ccのままで吸気系のチューンナップだけを施して80㎞/h近い最高速を出す事に成功している。簡単な仕組みのラムエア・システムを作り、キャブレターに独自の加工をしただけで後は全てノーマル状態でだ。仕事から帰るなりすぐにエアクリーナー・ボックスをチェックする。ボックスからエアクリーナーを外すと、コネクティング・チューブの始まりがボックスの中で上に伸びていのが見えた。「これ位長いとエアクリーナー (乾式)の上蓋ギリギリで吸気する隙間は僅かしかないじゃないか。これじゃぁ、鼻詰まりだ。」吸気を多くする為に3㎝カット。カット面は面取りしてファンネル状に仕上げた。

ボックス上部の吸気口もチェック。50も90も見た目では判断出来ない程に吸気口が小さい。「やっぱりラムエアかな。」以前、ラムエア・ダクトに使っていたジェベルの吸気ダクトを再度、現在使用しているカブ90のボックスに取り付ける事にした。取り付け後、エアクリーナー一式を組み立てマッハバロンに装着。試しにエンジンを掛けてレスポンスを見てみた。エンジンが気持ち良く回ってくれる。キャブ・セッティングの方はラムエアで変わってくるハズだから、後でちゃんと調整する事にする。まずは明日の通勤で走ってみてどんな感じか確かめてからだな。ダメな様なら500mも走れば十分に分かるからすぐに引き返すよ。

エンジンの回転がスムーズになった事で、ブレーキがスピード負けするのは容易に想像できる。そこで俺の裏技、フライホイールのバランスをワザと崩してエンジン・ブレーキを強く利かせてやる。 (この裏技でエンジン特性を変える事が可能。例えばエンジンが粘るとか、インナーローターを装着した様な感じに回転を軽くしてエンジン・ブレーキを利かせないとかが出来るのだ。)今回はウエイト代わりの070126_18550001 070126_18570001 ボルトにワッシャーとスプリング・ワッシャーを追加して、エンジン・ブレーキが強めに掛かる様にした。冬場の凍結路面はエン・ブレ勝負だからね。

とうとう封印に手を出した俺。パンドラの箱 (エアクリーナー・ボックス)から飛び出てくるのは悪夢か希望か?近日公開。

|

« 謎 | トップページ | チーム・カラー »

コメント

タイヤローラーの話は聞いただけで実際に検証してないので眉唾物かも。しかもサーキット舗装の話だったからね。実は路面の温度が一番じゃないかと思っています。
ただ物事にはそれが原因だということは1つだけじゃなく、たくさんの要素が関係してきて、一番影響を受ける物を原因と言うだと思っています。

何者って、まあ10年’まあホントに必至にやったのは数年レースの世界でメカニックをやってました。ただの40過ぎのおっさんです(笑)

ピーキーさんこそ実践で色んなことをされていてすごいな~といつも感心しています。
キャブセットや、クランクウエイト、クラッチ、etc
ホントに感心します。
僕もこれからは実践していきたいと思っています。

投稿: MIZ | 2007年1月27日 (土) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/5092466

この記事へのトラックバック一覧です: パンドラの箱:

» 高三で友達100人 [乳首の取れた14歳-------s;0o]
友達と恋人の違い(ヤルかどうか)について最近悩んでいます。もしよければ私のブログも見て頂けると嬉しいです。 [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 15時57分

« 謎 | トップページ | チーム・カラー »