« 聖凡人伝 | トップページ | 謎 »

2007年1月25日 (木)

嗚呼、憧れの…

070124_10190001 毎度お騒がせします。ピーキーです。
MIZさん、大変に助かるアドバイス感謝します。言われてみれば、「なるほど!そうだよなぁ。」と思うよ。人間ってのは自分の事は良く見えないものだから、第三者の目で見てもらえると、背中をポンっと押された様に一歩前進出来る。本当に嬉しいコメントでした。今後も良きアドバイスお願いします。

そんでもって今日は仕事の都合でマッハバロンによる楽しい通勤タイムはお休み。ステップ・ワゴンで馬鹿みたいにブッ飛ばして会社に向かう。「やっぱり朝はバイクの方が速いな。」と実感する。どんなにⅤ-TECをガンガン効かせ様が、追い越し技を駆使し様が、慣らしの終ったマッハバロンは朝の通勤超特急。最近じゃぁ、マッハバロンが近づいてくると道を開けてくれる車が随分と増えたよ。反対に変に絡んでくる車は減ってるし、良い傾向だ。 (バトル好きの俺としては、ちょっとつまらない気もするが喜んでおこう)会社についたら次の現場の段取りで倉庫での作業。ここの倉庫は面白いぜ。なんたって社長の趣味で仕事の道具より趣味の道具の方が多いんだから見てて最高さ。ラジコン、ジェットスキー、プレジャー・ボート、バイクに工作機械の数々。ここは一体何屋さん?答えは土建屋で~す。ピース!

昨日のブログで松本 大洋さんの「竹光侍」の話をしたが、物語の説明は一切していない。訳は簡単、「百聞は一見にしかず」だから。俺がどうこう言おうが見なけりゃ分からん、ただそれだけ。俺が言える事は非常にシンプルで面白い侍マンガだって事だ。昔、俺は発明にハマった時があって、その時に3つの事に注意した。単純で、欠点が無く、有効性だけがあるモノ。これが本物の発明品の条件なんだとね。世の中には色々なアイデアあるが生き残れる発明はそれプラス時期。過去に有効性は認められていたものの、素材の技術的問題で売れなかった製品が、何十年後に技術的な問題が解決されて完全な製品となり現在では当たり前のモノになったりする。 (バイクでは2ストのケース・リードバルブとかがそれ。リードバルブの素材が良くならないと高性能に出来なかった。)「竹光侍」は俺が見る限りでは、シンプルで、読み易く、面白い。おまけに最近は侍ブームだ。たかが一ファンの俺が言うのもなんだが「本物です。マジ面白い。流石は松本 大洋。ヤル!」って訳です。ぜひ、一度買って見てください。

俺は走り屋マンガを1000冊近く持っているが、最近は侍マンガを集めてる。 (吟味して)昔は走り屋に憧れ、今は侍に憧れている証拠なのかもな。

|

« 聖凡人伝 | トップページ | 謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/5066378

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼、憧れの…:

» GPZ400Rについてのブログ [GPZ400Rについてのブログ]
カワサキのGPZ400Rが好きな人はぜひごらんになってください。記事に感想などをまとめてみました。 [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 13時52分

» アイデアはよいが、それを形にはしない人 [発明教室!知っ得情報局]
このタイプの人は、単なる「思いつきだけの人」とは違って、一つの課題をじっくりと考... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 09時16分

« 聖凡人伝 | トップページ | 謎 »