« 異次元に生きる男達3 | トップページ | プチ反省会 »

2007年1月21日 (日)

エキストリーム・バイクの基本技2

毎度お騒がせします。ピーキーです。

「異次元に生きる男達」シリーズをもう少し書きたいのだが、今日は「エキストリーム・バイクの基本技」第2弾をお送りしたい。
今年は暖冬で1月だというのに練習が出来て嬉しい。去年は練習をする為にわざわざ愛知県に長期間滞在したからね。今日は2週間ぶりに34 (サーティフォー)と一緒に昼から練習。いや、今年からは練習と言わずに鍛錬と言うんだっけ。 (天候が悪ければリトルカブの方を整備したかったが)34に少し遅れて鍛錬開始。前半は例のクレッチ切りウィリーを繰り返し行う。なかなか思うように惰性だけで進めない。2時間経過。だんだん距離が伸びていくが、問題なのは時間。「この技をモノにした。」と思うには最低3秒以上は惰性だけで滑空しなければならない。そこで自分が何秒滑空出来ているかを知る裏技を考えてみた。 (正確に言うとパクッた)アイススケートの荒川 静香選手がトリノ・オリンピックで、繰り出す技一つの演技時間を3秒キッチリにする為に「ワンアイスクリーム、ツーアイスクリーム、スリーアイスクリーム。」と心の中で唱えた事から、俺もマネしたのだ。ナイス・アイデアでしょう?「ワンアイスクリーム、ツーアイスクリ…」今日はここまでが最高タイム。気長に記録を伸ばすよ。

後半はクラッチ切りウィリーをしてからのウィリーサークル。出来るだけ惰性の滑空時間を多くして、アクセルを開けずに小さく回る様に努力する。しかし、脳内がパニック気味で自分が何をやりたいのか上手く体が反応出来ないでいる。調子が出るまで1時間を要した。途中、34が急な仕事が入ったとかで先にあがる。俺はその後も1人で鍛錬。最後に去年からあまり調子が出なくて最近やらなくなった技「ノーハンド・グルグル」 (ハンドルから両手を離した状態で旋回し続ける技)を行う。この技もウィリーを上手になる為に必要な技で、繊細なブレーキングがマスター出来る基本技だ。「あれ、今日は良い感じだぞ。何でだろ?」その訳を考えてみたらアプローチの違いが原因と分かった。今まではマシンをリーン・アウトで旋回させ、アウト側に起きようとするマシンをリア・ブレーキを解除する事でイン側に倒してコントロールしていた。だが、今日の俺はマシンをリーン・インで旋回させ、イン側に倒れようとするマシンをリア・ブレーキで使う事で起こしてコントロールしたのだ。凄くコントロールし易く、苦手な右回りもスムーズに行える。「やった!」これでやっと片目が開いた感じ、少し希望が出てきた。この技もドンドン鍛錬して次は「切り替えし8の字グルグル」 (読んだまんまの技です)に挑戦だ。

基本技をしっかりマスターする事で次なる技が初めて見えてくる。順序を間違えて悪戯に時間が掛かってしまうのは、もうご免だ。何事も同じだな。急がばまわれ。

|

« 異次元に生きる男達3 | トップページ | プチ反省会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/5012512

この記事へのトラックバック一覧です: エキストリーム・バイクの基本技2:

» 便利な裏技 生活の知恵 [便利な裏技 生活の知恵]
お掃除やダイエットなどに役立つ簡単な技がたくさん紹介してあります裏。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 07時52分

« 異次元に生きる男達3 | トップページ | プチ反省会 »