« お楽しみ | トップページ | ちょっとだけエキストリーム情報 »

2007年2月 3日 (土)

泣いた赤鬼、黙る青鬼

毎度お騒がせします。ピーキーです。
MIZさん、いつも参考になるコメント有難う御座います。カート用のアレってクルクル回るアレでしょう?アレを公道で使うとは凄すぎます。田舎の秋田でアレを使ったらそれだけで有名人の仲間入りですね。一度、価格がどれ位か調べてから導入しますよ。とうとう俺もアレに手を出す時が来るのかぁ…。それとMIZさん、実は俺のラムエアも今の仕様はノーマル吸気口を塞いでいません。その方が走り易いからです。公道走りで重要なのはやはり走り易さですよね。「流石。」と言わせてください。

今朝、雪の積もる路面を見て歓喜しながらマッハバロン (リトルカブ)を走らせる。やはり圧雪の方が走りやすい。自宅から出て1㎞程走ると見憶えのある車を追い越した。去年、マッハバロンで走る俺に嫌がれせをして、俺から逆襲されて警察に突き出された男が乗るホンダ・フィットだ。 (2006年12月21日「感謝!!!」参照)何気なく抜いてからその事に気が付いた。知らんぷりで前に出た後、またヤツが懲りずに強引な追い越しをしてきた。 (幅寄せはしなかったが) 「こいつ、マッハバロンが以前のままだと思ってるな。」前回の時のマッハバロンはクラッチがズルズル滑りっぱなしで加速もままならない状態だった。今はJUN製強化クラッチでバッチリ対策済みだ。おまけにラムエアの封印を解いたフルパワー仕様。「ハッ、お前みたいなヤツはバックミラーの点にもしてやらねぇよ。」フィットを含めた前車4台をS字カーブでゴボウ抜きし、その先の直線でフル加速。追い風の助けもありスピードメーターの針はすぐに90㎞/hの目盛りを振り切り、メーターの縁にぶつかった。気分が昂る。雪路の最高速アタックで、フィットの事など何時の間のか忘れてしまったよ。そこに俺だけの世界が広がる。

仕事を終えてから「いつものピット。」 (バイク屋)に行く。新年会の会費を払う為だ。実は俺が新年会に誘われたのは今回が初めてで、「いつものピット。」に通う様になってから6年目にしての事だ。最初の年に「君が新年会に来ると、来なくなる人が数人いるので遠慮してください。」と丁重に断られている。俺の悪名は相当凄かったらしい。まぁ、無理もない事だからスンナリ諦めたけどね。ただ、やっぱりちょっと悲しかったよ。それが6年目にしてやっと許しが出た訳さ。童話「泣いた赤鬼」で、村人達と仲良くなれた赤鬼の気持ちがよく分かったよ。俺の中の青鬼、凶暴な性格があまり表に出なくなったからか?どうであれ、「仲間だと認められた。」と素直に喜んだ方がいいかも知れない。

俺は過去に3人の親友から裏切れた事がある。1人目の時は悲しんだ。2人目の時は苦しんだ。しかし、3人目の時には徹底的に報復した。もうこの先、俺の中の青鬼が現れない事を祈るばかりだ。

|

« お楽しみ | トップページ | ちょっとだけエキストリーム情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/5187158

この記事へのトラックバック一覧です: 泣いた赤鬼、黙る青鬼:

» 中日の色彩意識「黒」と「白黒」 [中国からみた中国と日本の違い]
 政治的な色合いを持っている面では中国大陸の「黒」は、「白」、「黄色」と同じ意味合いであり、「紅い」の反対語である。 先ず、黒が「黒い色」のほかに日本との違いがあるかどうかを見てみよう。 中国人は「黒」で「天が暗くなる」との意味を表現する。日本人は「...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 02時16分

» お金を出して態度を示すこと [中国からみた中国と日本の違い]
 日本人はお祝いなどの集会をよく行う。お祝いと言ってもみんなが一緒に飲んだり笑ったりする、お食事会くらいのことである。 会を開くためには、会費が必要なのだが、日本の食事会はだいたい二種類ある。一種類は公で会社からお金を出して行うもので、個人からお金を出...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 22時10分

« お楽しみ | トップページ | ちょっとだけエキストリーム情報 »