« 自己満足を楽しむ | トップページ | ラビリンス »

2007年4月19日 (木)

女々しい作戦

ゲロッパ!ピーキーです。
シーシーバー。直訳すれば、女々しいつっかえ棒。ハーレー・チョッパーによく装着されている背もたれシートの事を指す。思うように進展しないノーハンド・ウィリーを少しでも容易にする為に、CBRのタンデム・シート前に背もたれを付けてみた。仕事中にちゃっかり製作して、装着。仕事が終わり、いつもの公園駐車場へ向かう。午後3時からウィリー鍛錬開始。いつもとは違う感じに戸惑いながらも、スロー系ウィリーで感触を確かめる。うん、腰でフロントの浮き加減をコントロール出来そうだ。調子が出たところで、ノーハンド・ウィリーの訓練を行う。若干の効果は得られた感じだが、解決策とまでは行かない様だね。でも、手応えはあるから、やってる内にマスター出来るかもしれない。期待はそれほどしていなかったが、正直「もしかして…」とは思ってた。結果は無いよりマシ、有るならそれで良いってくらい。

夕方6時までの鍛錬で、最高15メートルほどノーハンド・ウィリーが出来ました。まだまだですが、今後は距離と持続時間、そして成功率を伸ばしていきます。鍛錬の後に、お楽しみのクラッチ切りウィリー・コールをやってみる。途中、アクセル全開の時に間違ってクラッチを繋いでしまい、突如竿立ちになってしなった。反射的にリア・ブレーキを踏み、何とか間に合ったが、ウィリー・バーを激しく地面に打ちつけて冷や汗もん。間一髪セーフに安堵しながらも、自然に笑いが込み上がる。夕暮れに一人高笑いする俺。我ながら相変わらずの変態ぶりだ。

文字通り、女々しい作戦だったが少しは効果が見られたみたい。何かにすがり付いてでもマスターしたいノーハンド・ウィリー。これが出来ない内は、次に行けないのだ。今回で、ウィリーの仮免くらいにはなっ070418_14530001 070418_16180001 たかな? へばね!

|

« 自己満足を楽しむ | トップページ | ラビリンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/6139031

この記事へのトラックバック一覧です: 女々しい作戦:

« 自己満足を楽しむ | トップページ | ラビリンス »