« 大凡人の頑張り | トップページ | 過渡期のジレンマ »

2007年4月 9日 (月)

生きがい

ゲロッパ!ピーキーです。
リトルカブ白さん、コメント有難う御座います。俺みたいなヤツを師匠だなんて恐縮しちゃいます。実は若い頃、俺の事を「バイクの師匠」と慕う友人が2人いた。「バイクで速く走りたい。」って言うから「俺の走り方でよければ…」と教えた事がある。その結果、2人とも事故って入院してしまったよ。俺の走りは俺にしか出来ないって、この時初めて分かった。それ以来、バイクの乗り方を人に教えた事ありません。 (モトクロスは除く)公道走りは経験と勘、そして恐がりなヤツでないと長生きしません。恐怖は自分にはまだ技量が備わっていない警告です。すぐにアクセルを絞って本来の自分に戻る事が大事。しかし、チューニングの事なら俺の分かる範囲で協力させてください。これからも宜しく。

さてと、昨日は「人生って面白いな。」と思った日でした。ノーハンド・ウィリーが徐々に持続し始めました。ちょっとですが俺にとっては大進歩です。 (ただし100回に2回の成功率ですけど)スロー系ウィリー、クラッチ切りウィリー、ノーハンド・ウィリーと鍛錬すると脳が途中で混乱しますが少しずつ効果が表れ出しました。おかげで、高度なバランスの制御が上手くなり、ついでに練習していた右ステップだけを使ったノーハンド・グルグルは完全にマスター出来ました。後は回数を重ねて余裕の表情が出せる様になるだけです。他にも、走りながらサイド・スタンドを出し、ブレーキ・ターンでストップすると同時にバイクから飛び降りて、身体を1回転ヒネリで着地するキメ技も何とか様になってきました。今度はタンクの上に立って走行する技、キリストでもやろうかなと思っています。ジェベルの時はスピードが高くしないと安定感がなくて大変でしたが、その点CBRは楽そうです。とりあえずタンクに滑り止めの細工をしてから挑戦します。

「自分は何の為に生きてるのか?」誰もが一度はそう考える時があるだろう。俺は今現在、自分が何の為に生きているかハッキリ認識している。それは復讐の為です。(と言っても特に何もしない。)人間にとって憎しみは最高の活力原。ただ生き抜いて生き抜いて、目障りな人間であり続ける。これが俺の生きがい。うろつき童子のピーキーでした。 へばね!

|

« 大凡人の頑張り | トップページ | 過渡期のジレンマ »

コメント

キリストって言うんですね。あれ。昔の暴走族映像でみたことがあります(笑)。やはり難しい技なんですね

投稿: wakamono | 2007年4月 9日 (月) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/6024577

この記事へのトラックバック一覧です: 生きがい:

« 大凡人の頑張り | トップページ | 過渡期のジレンマ »