« もったり、まげたり | トップページ | キャラクター »

2007年6月18日 (月)

最大公約数

俺は友人が多くない。しかも付き合い方が下手だ。

友人から「水臭いな、お前は・・・」とよく言われる。

しかし、俺にとって友人とは、家族に近い位に大事な人なのだ。

友人が多いゆえに、親愛度ランキングを付ける必要もない。

そもそも俺の付き合い方は一点集中型だから、濃密度が違うのだよ。(俺にしか分からん世界)

朝寒風(日曜日の朝に地元・寒風山に走りに行く事)をしていると、NS250RでY君も到着。少し遅れてカブ・レーサーに乗ったKさんも来た。

この2人はミニバイク仲間で、特にKさんは俺と同じくカブに夢中。

お互いにカブの情報やパーツのやり取りをして、理想のカブを追求している。

Kさんはディープなチューニング情報を日夜探索し、俺はオリジナルの独自チューニングを編み出そうと研究している。

Kさんに言わせると俺のカブ走りは超能力の類で、誰も真似できないモノだそうだ。(思い込みが現実化するプラシーボ効果の権化だとか・・・。全く、酷い言われ様だ。)

昨日のPC20キャブレターの改造で、まだまだパワーが絞りだせる事を知った俺は、大口径キャブの購入を考えた。

迷った末に、カブ系ストリートエンジンの名工であるジュン・インターナショナルに相談する。

事情を話すと、俺のリトルカブはやはりパワーを出し切っていない状態で、俺の使い方なら新型シリンダー・ヘッド&ピストンに交換した方が良いとの事。(毎日カブをイジってる私を信じてくれと説得されました。)

おまけに今ならイジり過ぎて壊したPC20キャブの換わりの本体ボディにファンネルを付けてサービスしてくれるそうだ。まさに願ったり叶ったり。(ラッキー!)

これで100km/hオーバー当たり前で実用範囲の広いエンジンに生まれ変われる。(難しい事なのよ。これって。)

でも、俺といい、Kさん、そしてジュン・インターナショナルのMさん。

長いライダー人生でなぜにカブなのか?

実は、カブにはバイクの全てが入っているのかも知れないな。

カブとは、きっとPhoto_19 ライダーの最大公約数なのだよ。

|

« もったり、まげたり | トップページ | キャラクター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/6823195

この記事へのトラックバック一覧です: 最大公約数:

« もったり、まげたり | トップページ | キャラクター »