« なぜヒーローは仮面で顔を隠すのか? | トップページ | 最大公約数 »

2007年6月17日 (日)

もったり、まげたり

リトルカブに装着していたPC20キャブを改造して口径を上げる。

何回か他のキャブで試してみて、格段の効果が得られたので自信をもっての挑戦だった。

しかし、少し調子に乗ってやり過ぎたみたいでアイドリングが下がらなくなってしまった。

仕方なく、削りすぎてしまった部分にパテを盛り整形する。

まさに「もったり、まげたり」になってしまった。

「もったり、まげたり」とは、秋田弁でせっかく山になる様に盛り上げたモノを再度散らして平らにする事。

つまり、何度も同じ事を繰り返して、最初の状態に戻す。元の木阿弥ってヤツさ。

実際にやって見なければチューンナップの良し悪しは分からない。

そりゃぁ失敗もあるさ。長くやっててもね。

人生、先が見えてくると大胆になるというか、恐いもんが少なくなるというか。多分、やらずに後悔するのが嫌なのかもしれない。

ちょっとだけ新しいノウハウを手に入れたって事で、無理やり自分を納得させる俺でありました。

効果の方はって?

勿論、馬鹿っ速になりましたよ。止まらないけど・・・。(やっぱりアイドリングが高い)

悲しいです。ピース!

|

« なぜヒーローは仮面で顔を隠すのか? | トップページ | 最大公約数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/6811251

この記事へのトラックバック一覧です: もったり、まげたり:

« なぜヒーローは仮面で顔を隠すのか? | トップページ | 最大公約数 »