« 「このバイク野郎!」 | トップページ | 訓練再開 »

2007年7月 2日 (月)

模倣

心休まるコメントを下さった皆さん、ありがとうございます。

特に雷蔵さん、貴重な青春時代の話を教えてもらえて嬉しいです。

偶然なのですが、私が始めて手に入れたバイク ’83年型YZ125に、自分で付けた名前が雷蔵でした。(チャンバーから響く排気音が雷のイメージをさせました。)

何でも初めては忘れられないモノです。(女性もね・・・)

ニュースで日本製品の模倣・模造品を問題にしていた。

自国の文化や技術を向上させるには先進国を真似するのが一番てっとり早いからね。

でもさ、著作権とか特許権なんかがあるから、創造した人や開発した企業の権利も当然保護されるべき事だ。

昔は、何かを覚える為には師匠を選び、弟子となり学ぶのが普通だった。

師の行う事を見よう見真似で覚え、師がそれを褒めたり叱ったりして伝承させる。

俺は、べつにパクリとか人を真似る事は全て悪いとは思わないし、むしろパクリ派の一人。(バイクテクニックとかチューンナップ法など)

エクストリーム・バイクで他人の得意技を真似したい時には、「あの技、真似していい?」って聞きに行く。

ほとんどの人が「いいよ。OK!」と答える。

聞かれた人の心の中は、「出来るモンならね。」とか、「君がそれを出来る時には、俺は更に先に行ってる。」と思っている事だろう。

チューンナップだって、有名な人の書いた本を参考にしたり、自分のマシンを有名ショップに持ち込みしてどこがどう改造され、どう変わったかを確かめたりする。

そうやって自分の中で新しいノウハウに結びつけたりする。

大事なのは、時間が掛かってもいいから真似した時よりも発展させる事じゃないかな?

今、騒がれている食肉会社の偽装発売問題。

あれは天才的な仕事らしい。(混ぜの物を牛肉と偽るのはダメだがね。)

なんたって、本物よりも美味しく作るそうだから。

誰かあの技術を学んで、最初から「混ぜ物ですが美味いです。」と表示して適正価格で発売すれば、美味くて安い食品が食べれてしまう。(家庭も大助かりだ。)

真似たモノよりも良いモノを作る。

それがパクリをする時の良心だと俺は考えている。

けして批判するだけが能じゃない。

|

« 「このバイク野郎!」 | トップページ | 訓練再開 »

コメント

バイク野朗も豚野朗も自分とは関係ありません。ピーキー氏のカブが赤いのも中古で買ったカブが(1台しかなかった)たまたま赤かっただけで紅の豚とは関係ないと思います、自分のカーチスも1939年以降のイメージです。

投稿: カーチス | 2007年7月 2日 (月) 21時05分

こんにちわ、ピーキーさん、カーチスさん。

カーチスさん、先日は私の勘違いで、
変なことを書き込んでしまい、すみませんでした。
お気を悪くされてしまわれたようで、
本当に申し訳ありませんでした。

投稿: Riot | 2007年7月 3日 (火) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/6996956

この記事へのトラックバック一覧です: 模倣:

« 「このバイク野郎!」 | トップページ | 訓練再開 »