« 灯火 | トップページ | 油断 »

2007年7月19日 (木)

昨日、二週間ぶりにエクストリーム・バイクの訓練をした。
ウィリー・バーが錆びつくと腕も錆びついちゃってるね。
だけど、久々の訓練おかげで今まで気が付かない事に気付けたよ。
ウィリー・サークルってさ、回すって感じじゃなく、自分を軸にしてサークルの中心に留まる様にした方が上手く回れる。
しかも、ノーハンド・ウィリーと同様に、マシンが自らバランスするゾーンにハメてやるのが大事みたいだ。
休むのも満更悪くない?(結果オーライだね。)

以前から思っていた事だが、単気筒のエンジンのおいしい期間は慣らし運転直後で、しかもとても短い様に思う。
レースなら数日前にオーバーホールするから良いとしても、ストリート・マシンなら悲しい話だ。
実は俺のリトルカブのおいしい期間は既に過ぎたみたい。最高速が絶頂期のマイナス10KM/H。
何度経験しても虚しいねぇ。(オーバーホールすれば元に戻るけど…)
武川のリアサスもヘタってきたのか、それともマシンの速さに対応出来ないのか、フラつき気味。
たかがカブでも、極めるとなると金と時間が掛かるもんです。
いつものペースでじっくりやりますか〜。

|

« 灯火 | トップページ | 油断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/7207072

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 灯火 | トップページ | 油断 »