« カブにVTキャブ | トップページ | めざせ地上の星 »

2007年8月31日 (金)

ミーハー

桜華さん、今日もコメントありがとねん!

リトルカブに装着したVTキャブ改はセッティング途中だが、一応パワー・チェックの為に最高速アタック。

最高速は97㎞。

ビックバルブ・ヘッド&PC20キャブレターの時は同じギア比で105㎞だったから8㎞ダウン。

この程度の落ち込みならセッティングが決まれば何とかなりそう。

願わくば105㎞オーバーか、最高速到達時間を短縮したいな。

一丁、点火時期でも早めてみっかぁ。

2日前に友人から中国製の17インチ・スパイクタイヤを貰った。(どうもです。)

実はこのスパイクタイヤをくれた友人は俺のリトルカブ前オーナーのお父さん。

そう、娘さんが乗っていたリトルカブを俺が譲り受けたのだ。

「あの可愛かったリトルカブが、こんな凶暴なマシンになるなんて…。」(すみません。)

でも、何だか嬉しそうに見守ってくれている。

期待を裏切らないようにもっともっと凶暴なマシンにしちゃいます。

最初はそんな気なかったけどね。

映画『世界最速のインディアン』のバート・マンローを見てたらその気になったミーハーです。

早くキャブ・セッティングパーツが揃わないかなぁ。

|

« カブにVTキャブ | トップページ | めざせ地上の星 »

コメント

あの時代からラムエアの構想があったのは驚きですよね
チューンは目指す地点が同じならば似て当たり前
ようやく時代が追い付いたのかもしれない
技術革新の進んだ今の洗練されたマシンに乗れる我々は贅沢なのかもしれない
当時の技術者が求めた浪漫の到達地点が当たり前の世の中我々は大事なものを忘れているのかもしれない
とキザにまとめてみます

投稿: 桜華 | 2007年9月 1日 (土) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/7755788

この記事へのトラックバック一覧です: ミーハー:

« カブにVTキャブ | トップページ | めざせ地上の星 »