« 『バトルカブ』 | トップページ | カブにVTキャブ »

2007年8月30日 (木)

ファイティング・マシン

Photo コメントを下さった皆さん感謝します。

でも、馬鹿に「バ〇〇カ〇」と言われても困るなぁ。

何せ自分から「俺は馬鹿だ。」ってブログで公言してるもんでね。

これは「一昨日来やがれ!」って事ですな。(チャンチャン)

車庫に現在置いてあるマシン達を見て「ただ気じゃないな。」(秋田弁でまともじゃないの意味。)と思った。

どれ1台として普通の使われ方をしていないからだ。

1番古いのがCRM50ミニバイクレーサー。

元々林道用のバイクだったが、林道に敵がいなくなってミニバイクコースで走るハメに。

NSR50に勝てる様に頑張ったが、まだこの頃はオフ車でのターマック(舗装路)の走らせ方が分からず、とりあえずパワーだけは出そうと改造したらクラスが上がってヤブヘビになってしまった悲劇のマシン。

改造費は車両別で50万円以上。

その次に古いのがKTMデューク620改。

鈴鹿サーキットで行われていた『スーパーバイカーズ』今で言うモタード・レースで腕を磨いていた俺は最終的にターマックだけを走るオフ車レース『ターミネーター』に参加する様になった。

筑波サーキットを半ば飛び入り状態で参加したレースだったが、マシンの良さに助けられ何度か表彰台に上がる事が出来た。

その時のマシンがこれ。末期には公道を無我夢中で走り続けてガス欠になる事もシバシバ。緊急処置としてサブタンクを搭載したお茶目なマシン。

改造費はもう一台買えるくらい。

その次がジェベル250XC改。

運転の腕が上がってきたら「250ccでもイケルなこりゃ。」と乗り換えたマシンだ。

乗り換え直後は周りの友人から「ピーキー終わった。」と言われていたが、1年後にはジェベルを遅いなんて言うヤツは誰もいなくなったよ。隠れた高性能車。スズキ恐るべし!

エクストリーム・バイクをやり始めたのはコイツから。ウィリーバーがその名残です。

改造費は自作チューンナップに目覚めたおかげで30万円で収まった。

エクストリーム・バイクをやる様になってから「ピーキーはでっかいマシンに乗らんの?」の声に惑わされ、思わず購入してしまったCBR600。

公道は走らずコンペティション・マシンとして乗ってます。

車両と改造費で60万円くらい。

そして最後はリトルカブ改のバトルカブ。

購入後僅か1年でエンジンの仕様を変えること5回。エンジンをブッ壊す事3回。

最初はナンバー付きゴーカートくらいの楽しみ方だったのが、カブの隠れた高性能ぶりにベタ惚れ。

気が付いたら今の様な状態になっていた。

今の目標は『ビックバイクを虐められるカブ』です。

エンジンはかなり出来上がってきたので、来年からは車体のポテンシャル・アップを中心に作っていきます。

改造費?まだ40万円くらいかな。(壊した分も入れて)

俺の目の前でチンタラ走っているヤツは地獄を見るぜ!

な~んてね。

|

« 『バトルカブ』 | トップページ | カブにVTキャブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/7732204

この記事へのトラックバック一覧です: ファイティング・マシン:

» 【 エクストリームバイク 】について最新のブログの口コミをまとめると [プレサーチ]
エクストリームバイクに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 18時02分

« 『バトルカブ』 | トップページ | カブにVTキャブ »