« PWK改造計画 | トップページ | 改造PWKキャブ »

2007年9月14日 (金)

パワーナウ製作

今回、PWK28キャブにパワーナウ(後付け整流坂)を付けて、2スト向きのPWKを4スト向きの改良してしまう。

色々調べるてみると、やはりPWKを4ストに使用すると流速不足からセッティングに苦労するそうだ。

この場合、スライドバルブを流速の上がる番数(設定がある場合)に交換したりして対応している。

俺の持っているPWKは旧タイプの為、現在発売されているメッキタイプのスライドバルブが使えない。だから対策用スライドバルブに交換は事実上無理なのだ。

そこでパワーナウ。これで流速を上げて対応しようって腹だ。

型紙に合わせてステンレス坂を切り出し、細かい形状はベビーサンダーと精密ヤスリで削ってゆく。

インテーク側、ファンネル側の2枚を作るのに製作時間は2時間。ファンネル側には中央に穴が開いている。以前作った時のデータを元に口径を7㎜にしたよ。

エポキシ・パテを使ってキャブレターにパワーナウを固定するのは後にして、インテークマニホールドの作り直しに手間を掛けた。

丁度、パワーナウが出来上がった頃にヤフオフで購入したPWK用インテークマニホールドが届いたよ。

しかし、このマニホールドが外国製らしく、形が歪で表面の梨地もかなり荒い。

吸気ポートやインシュレーターに合わせて修正を行い、表面もベビーサンダーと耐水ペーパーで滑らかにする。これになんと3時間。

国産インテークマニホールドの半額だけあって、使える様にするには手間が掛かる掛かる。(性能アップを無視すれば一応使えるレベル。)

半完成のキャブレターを使って実際にエンジンに装着した場合、どの向きがベストか考える。その結果、右側斜め前方に向けた方が無難な事が分かったよ。

後はパワーナウを明日パテで固定したら、残るはアクセルワイヤー製作だけ。

アクセルワイヤーはノーマルを加工して使うつもり。

ヤフオフでも売っていたが、作った方が早いからね。

PWKの実力はいかに…Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5

|

« PWK改造計画 | トップページ | 改造PWKキャブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/7932180

この記事へのトラックバック一覧です: パワーナウ製作:

« PWK改造計画 | トップページ | 改造PWKキャブ »