« 楽しさ満開 | トップページ | 部品箱から奥の手 »

2007年9月11日 (火)

メインジェットの真実

桜華さん、メインジェット貸していただき有難う御座います。(毎回助かります。)

カブ男さん、ブリーザーパイプに付けるクランク内圧調整バルブの代用には、キタコの1ウェイバルブ(品番412-0000000 ¥1,050)を使用します。ブリーザーホースの先端にコレを接続して、パワーフィルターの吸入口付近にホースを近づけておけば大丈夫。後は勝手に排出したクランク室の内気を吸い込んでくれます。大気放出でも構いませんが、キャブレターに吸気させた方が具合が良いみたいです。一度試して下さい。

ここ数日、キャブレターは直キャブが良いかエアクリーナーが良いかで悩んでいる。

俺の最終目標は『速いカブ』を作る事だ。

今のところ、テストコースのタイムで比較するとPC20キャブの直キャブが3分51秒。ラムエア&ファンネル付きエアクリーナーボックスを装着すると3分52秒。その差1秒。

たった1秒差ならエアクリーナーを装着した方が公道走行向きである。

しかし、俺は少しでも速くしたいのだ。

ちなみに、直キャブのメインジェットは90~95番、エアクリーナーは102~108番が走行に適している。

俺はエアクリーナー装着時の方がメインジェットの番数が高い事から、エアクリーナーの吸気効率が直キャブよりも優れているのではないかと判断した。

だが、必ずしもそうではない事が分かったのだ。

キャブレターはインジェクションとは違い、ポンプで強制的にガソリンを噴出させている訳ではない。吸気された空気がキャブレター内を通過する時の負圧でガソリンを吸い上げている。

だから同じ番数のメインジェットを使用していたとしても、それで吸い上げられるガソリンの量が必ず同じになるとは限らない。

例えば、直キャブが90番で、エアクリーナーを装着すると100番になったとする。番数の大きさからすれば100番のメインジェットを使用するエアクリーナーの方が吸入量が多く、より多くのガソリンを要求している様に思われがちだが、実は吸い上げる条件が悪くて穴の大きいメインジェットでないと上手く吸い上げられない可能性もあるのだ。

俺はこの事実を始めて知った。

仲の良いバイク屋のオヤジと話していて「メインジェットの穴の大きさが必ずしもガソリン量の多さではない。これを勘違いするとキャブ・セッティングで深みに嵌る。」と教えられたからだ。

「そうだったのかぁ~!」

俺はそこを勘違いしてメインジェット番数の高いラムエア&ファンネル付きエアクリーナーの方が優秀だと思ってしまった。(確かに性能的には悪くないが…)

そこで、直キャブとエアクリーナーの両方でベスト・セッティングを出しておき、速い方を採用する事にした。

今年中になんとしてもベストタイムの更新をして、来年に向けて弾みをつけたいからね。

10月の無頼宴(秋田のアウトロー系バイクチームの集会。)で行われる由利原高原ツーリングにはリトルカブで参加するつもりだ。

多分、今年は話にならないくらいビックバイクにやられるだろうが、3年掛けて良い勝負が出来る様になればと思っている。

高速コースの由利原高原でカブがビックバイクを追い込む。う~ん、不可能に近いのは分かっている。でも無理をしなけりゃ道理は分からんモノだよ。

俺はその道理を知り、無理を通したい身勝手な男です。(笑って下さい。)

|

« 楽しさ満開 | トップページ | 部品箱から奥の手 »

コメント

いつもキャブセッティングのお話、参考になります。

僕はリトルカブにタイカブエンジン・マフラーを載せているのですが、85ccのカブ90のMJが85番なのに対して、まったく形の違うタイプのエアクリーナー、同型のキャブでより排気量の多い97ccのタイカブは72番(!)と非常に小さく、ずっと不思議に思っていました。
エアクリーナー、深いですね(笑)

(ちなみにタイカブ用のエアクリは普通のカブにはポン付けが難しく、カブ90用のエアクリを使用しているのですがMJは88番まで上げないとセッティングがでませんでした。)

投稿: コタ | 2007年9月11日 (火) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/7891885

この記事へのトラックバック一覧です: メインジェットの真実:

« 楽しさ満開 | トップページ | 部品箱から奥の手 »