« 金田のバイク | トップページ | 寒さ対策 »

2007年10月14日 (日)

無頼フリーラン

日曜の朝、無頼フリーラン・ツーリングの為にトランポからバトルカブ(リトルカブ改)を降ろす。

キャブ・セッティングも決まってきたせいか始動性が良い。

集合出発時刻、午前9時が近づくにつれ、いつものメンバーが集まってきた。

今回は、GSF1200が2台、Z2が2台、ホーネット250が1台、DRZ400モタードが1台、CRM250が1台、そしてバトルカブと原付仲間の桜華さんのエイプ50改が2台。計9台。(ブッ飛ばすには丁度良い台数だ。)

出発前のミーティングでコース説明をしてからフリーラン(各自の走行ペース自由)開始地点を決めた。

各自が安全に配慮する事を誓った後、全員で不幸にして亡くなった阿部典史選手を偲び黙祷を捧げる。(さぁ、気合が入ったところでスタート開始だ!)

国道ではエンジンが暖まるのを待ちながらコンボイ走行。国道を外れ目的地の由利原高原に向かう。

フリーラン開始の目印・直角カーブの売店から全開走行。俺は上り坂に備え先頭を走って少しでもリードを広げる作戦。

しかし、上り坂に入ると次々とビックバイクが追い抜いてゆく。

「まぁいいさ。下りで追いつく。」90㎞/hのペースで坂を登るバトルカブ。コーナーをリア荷重で走ると車体がふらつく。すぐに走り方を変え、ふらつきを抑えた。「やはり、以前の走り方ではダメな様だ。」新たに憶えた逆操舵走行で高速コーナーに対応する。

上り坂が終わり下り坂へ、これからが怒涛の追い上げの始まりだ。

コーナリング・スピードが落ちないライン取りで対向車に気を付けながら反対車線を走る。

基本的にコーナー手前の直線速度がコーナーリング速度とほぼ同じ。

先に行ったマシンに追いついたのはいいが、なんと先頭車両達がコース・ミス。その間にさっさと最初の到着地サイクルターミナルを目指す。(ズッコイ俺)

結局、サイクル・ターミナルには俺が1番で到着。俺が到着して1分後に後続部隊が到着した。

休憩を入れてから次は法体の滝へ向かう。前半はスピードの乗る道が続き大苦戦。途中からタイトなブラインドコーナーで追いついたり、また上りで抜かれたりと忙しい。

何とか皆と同じく法体の滝に着く事が出来た。しかし、気になるのが思ったより最高速が伸びない事。秋晴れによる気温の上昇と標高差でキャブ・セッティングが濃い目になった事が考えられる。(う~ん、パワーフィルターは環境の変化が出易いね。)

昼食まではまだ時間があるので、またサイクルターミナルに戻る事に。先行逃げ切りを狙い1番に出る。上り坂を過ぎてからは細くてタイトなコーナーばかり。今の内に貯金を貯めて最後の連続直線コースに備えなきゃ。

と思ったのもつかの間、連続直線コースに入るや否やゴボウ抜きされちゃったよ。チッキショー!

でも、先頭の到着から10秒くらいで俺も到着できたから上等かな。

昼食後の走りでは、観光客のクルマがごった返しの状況。それからはバトルカブの独壇場でした。渋滞最強は原付マシン?

フリーランを終えて国道を走り、スタート地点の道の駅 岩城に戻る。

俺はただ戻るのが勿体無くてある事をチャレンジ。一人だけ道を外れて別の場所へと向かう。

それはバトルカブで高速道路を走る事。とは言うものの、まだ料金所の設置されていない無料解放中の出来立てホヤホヤの高速道路だけどね。

ウキウキ気分で掟破りの原付マシン高速道路走行。しかし、高速に乗ってすぐに思い知らされたのはスピードが出ないという事実。

最近の高速道って雨天のスリップ事故防止の為に『浸透性舗装』を使用している。この舗装は雨水が舗装に滲みこんで排水される様に玉砂利を粘着質のアスファルトで固めている。だから目が粗くて路面抵抗が非常に高いのだ。その分グリップは良いのだが、原付のパワーではハッキリ言ってキツイ状態。

最高速はマイナス10㎞/hくらいになる。恐るべし、浸透性舗装。

それでも100㎞/h巡航で走るバトルカブ。(道が下りで助かりました。)対向車が不思議そうに俺を見る。俺に抜かれた家族連れのクルマは大騒ぎ。「見て見てお父さん、小っちゃいバイクが抜いてくよ。」窓越しにそんな会話が聞こえてきそうだ。

高速を下りた俺は、仲間が待つ道の駅 岩城へ。

仲間の「どこ行ってたの?」の問いに。

俺が「高速道路を走ってた。」と答えると一同爆笑。

オチが上手く付いたところで、「じゃぁ、また来年。」と再会を約束して解散。

皆は「あれはカブの走りじゃない。」と言っていたが、俺は全然満足していない。来年こそはバックミラーに映る位置にいるのではなく、先を走らなきゃ。

今回のフリーランでバトルカブに何が足りないかが良く解ったからね。

また一から出直しだ。Photo Photo_2 Photo_3

|

« 金田のバイク | トップページ | 寒さ対策 »

コメント

がんがれ! オタクの聖地アヴァロンで会おう

投稿: | 2007年10月14日 (日) 23時33分

上りでもう10キロ最高速が欲しいですよね
私はオイルクーラーと強化オイルポンプが欲しい今日この頃です

投稿: 桜華 | 2007年10月15日 (月) 14時44分

改めて、お疲れ様でした。
今回は、走りの日程の進行が早かったっスね。
7号をXXXキロで集団を引っ張る姿は圧巻でした。
来年は、男鹿でU-125メインの走りやるのもいいかも。
桜華さん>初顔合せでしたね。これからもよろしくっス。

投稿: 無口部隊 | 2007年10月17日 (水) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/8418983

この記事へのトラックバック一覧です: 無頼フリーラン:

« 金田のバイク | トップページ | 寒さ対策 »