« 結論 | トップページ | FCR-MX »

2007年10月28日 (日)

新キャブレター

お待たせ致しました。新キャブレターの発表です。 

それは市販レーサー・ホンダCRF150Rに装着されている純正キャブレター。

その名はMX。  ケイヒンFCR-MXΦ32です。(以後、MXと呼びます。)

いやぁ、参った。ネット・オークションにこのMXが2個出品されていて、その内の1個が昨日落札された。(たしか13,500円くらいで)

そしたら昨日落札出来なかった人が、俺が既に入札していた残りの1個の方に絡んできて、とうとう2万円オーバー。ガーン!こんなことなら俺が最初の1個を落札すればよかったよ。

でも、何とか落札して手に入れる事になりそうだ。

MXは一般に出回っているFCRの全面改良版。高い性能が有りながらデリケート過ぎて実用性が乏しかったFCR。それをどんな過酷な条件でも使えるようにしたモトクロッサー専用キャブレターなのだ。(4スト・モトクロッサーには国内4メーカー全社が使用している。海外ではKTMにも。)

俺は以前、2台あった4ストKTMに市販FCRを装着していた。しかし、エンジン性能をフルに引き出すポテンシャルを持ちながらもトラブルに泣かされ続け、使用を諦めた経験がある。

「トラブルなく走れるFCRがあればなぁ。」何度そう思った事か。

世の中は環境問題でモーターサイクルの4スト化が主流となり、レーシングマシンも4スト化が進んだ。各メーカーがモトクロッサーを4スト化する為には、FCRの様な高性能キャブに鉄壁の耐久性能を持たせるしかなかった。

こうして完成したMXは、市販FCRにはなかった冷間時と熱間時の始動性を良くするチョークが設けられ、泥や水に大変強いフルカバード・タイプに仕上がったのだ。

そのせいでMXはかなりデカイ。キャブレターとしては大型の市販FCRが小さく見える程。(全高約20㎝、幅約11㎝で150~450ccまで全て統一ボディ。)

カブに装着した場合、エンジンの存在が薄れる事だろう。

さぁ、このスーパー・キャブを俺がどう料理するか見ててくれ。Photo Photo_2 Photo_3

|

« 結論 | トップページ | FCR-MX »

コメント

今週が楽しみでした。
思いもつきませんでした、FCRも進化してるんですね!
しかしデカイ!ほんと要塞だ。

ピーキーさんの前人未到のチャレンジスピリッツ大好きです。

投稿: 若先生 | 2007年10月29日 (月) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/8657581

この記事へのトラックバック一覧です: 新キャブレター:

« 結論 | トップページ | FCR-MX »