« 泡の如く | トップページ | ジェットストリームアタック計画 »

2007年11月 8日 (木)

自作バクダンキットFCR-MX編

業務連絡、桜華さんアルバイトの件宜しくお願いします。

さぁ、今日はFCR-MX(以後、MX)の自作バクダンキット加工を施した。

市販のFCRはバクダンキットを装着するとジェットニードル&クリップの消耗が激しくて、長期間での使用には無理があった。

ところがMXはニードルと押さえのネジ蓋が一体となっていて、しかもスプリングでニードルに掛かる負担を和らげる安心構造になっている。(ケイヒン凄いぜ!)

しかも薄くて割れ易かったクリップは、構造的に負担を掛けない仕様に改めているにも関わらず厚さが倍増している。おそらくセッティング変更時の扱い易さを考えての事だろう。

FCRが誕生してから10年以上経ったが「新型がこれほどとは…」俺の予想を遥かに超えている。

そのMXのジェットニードルを自作バンダンキット(正確にはモトクロスV9チャンピオン東福寺保雄さん開発のEZパワーもどき。)化させてみよう。

まずはニードルの先を平らにして、更に中央に凹状の窪みをつける。

ニードルは押さえ蓋と一体の為に電動ドリルにニードルを噛ませ回転で加工する事ができない。だから精密ヤスリと紙ヤスリを使い、手作業で先端を平らにする。

平らになったらΦ1㎜のドリル(精密ドリル)で中央に窪みを入れて完了。

慣れが必要だが器用な人でなくとも慎重に加工すれば何とか形になるハズだ。

1 2 3 4 5

メインジェットの方はネジ側の穴を電動ドリル(Φ4㎜くらいの刃を使用)で優しく揉んでやってテーパーをつければ完了。

メインジェットから噴出したガソリンはテーパーをつけた事で拡散され、拡散したガソリンが凹状のニードル先端にぶつかり攪拌させて空気との結びつきが向上する。

FCRとバクダンキットの相性は最高で、ライダーのコントロールを容易にしてパワーも上げる。だから「いつもと同じに走っているつもりなのにペースが上がってる。」って具合。

FCR-MXが装着されているマシンはぜひお試しあれ。

MX用にはヨシムラMJNが販売されていないが、道具さえ揃っていれば自分でバンダンキット化すればいい。

効果は自作とはいえ侮れないものがあるからやったもん勝ちです。

一皮剥けた走りが出来る事、間違いなし。

|

« 泡の如く | トップページ | ジェットストリームアタック計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/8806453

この記事へのトラックバック一覧です: 自作バクダンキットFCR-MX編:

« 泡の如く | トップページ | ジェットストリームアタック計画 »