« 実験 | トップページ | リサイクル »

2007年11月 4日 (日)

ミキシングプレート

たけさん、ぱぱさん、コメント有難う御座います。

たけさん、FCRは登場以来10年を経過していて、現在では『似て非なるもの』と化しています。技術の進歩はいつの世も驚きの連続ですね。

ぱぱさん、パワーナウは吸入空気がスライドバルブの壁面に当たって乱流を起こすのを減少させる整流板です。スライドバルブのあるキャブレターならどれでも有効ですよ。Φ28なら中央の穴は7㎜でOKだと思います。(PWK28で実証済み)但し、流速が上がり、スロージェット等のセッティングが濃くなるのでセッティングが必要です。定価18,000円相当のモノが1,000円以下で作れますのでやってみる価値はあると思いますよ。

ミキシングプレート(ガソリンを攪拌させる板)の構想がまとまった。

「いかに単純に、いかに有効に、いかに欠点を作らずに。」この三点を考えた結果、良い答えが出てきたのだ。

今回、ミキシングプレートには2つの役目を与えるつもり。

一つは、ジェットニードルに沿って上昇しながら吸入されるガソリンを攪拌する事。

もう一つは、加速ポンプから噴射されるガソリンも攪拌する事。

この2つで燃焼効率を上げ、より多くのガソリンを燃焼させる条件を作ってやる。

ガソリン・エンジンのパワーアップとは、より多くの空気とガソリンを吸入してキレイに燃やし、すんなり排出する事が重要。

ガソリンと空気の結びつきが良くなれば良くなるほど多くのガソリンを消費できる。(良い意味で)つまりボアアップと同等の効果が出せるのだ。

今日から製作を開始。まずは材料選びから。

2,5㎜くらいのステンレスの板があれば文句なし。

形状、配置は秘密だよ。

インチキ発明家のピーキーでした。

|

« 実験 | トップページ | リサイクル »

コメント

俺が思うにピーキーさんの数々の発明は時代が追い付いてない気がしてならない
使わないで否定する奴等が多過ぎる世の中です

投稿: 桜華 | 2007年11月 4日 (日) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/8750777

この記事へのトラックバック一覧です: ミキシングプレート:

« 実験 | トップページ | リサイクル »