« 自作バクダンキットFCR-MX編 | トップページ | 空手チョップ! »

2007年11月 9日 (金)

ジェットストリームアタック計画

FCR-MX(以後、MX)をバトルカブ(リトルカブ改)に装着する為に、インテークマニホールド関係のパーツを加工する事にした。

Photo 12ウェイアタッチメント、マニホールドボディ、(キタコ製)

CRF150R純正ラバーホルダー

そして、ブリーザーホース(クランク内圧調整バルブを中間に設けた。)をインテークマニホールドに連結させる為のニップル(キタコ製)

この4点を知り合いの金属加工会社に持ち込んで加工してもらう。

依頼内容は、各パーツをフィッティングさせる寸法変更にニップル連結。それとマニホールドボディにラバーホルダーを取り付けるアダプター製作だ。

ここの会社の社長はライダーなのでパーツ製作を依頼し易く、思い描いた通りのモノを作ってくれるドラえもんみたいな人物です。

MXに取り付けるミキシング・プレートの材料が手に入った。

友人が勤めている鉄工所の廃材から良さそうなのを貰ってきたのだ。

素材はステンレス。固い素材の方がぶつかった時の衝撃は大きい。だからガソリンの攪拌にはピッタリ。

俺の計画では、自作バクダンキット(略して自爆キット)のメインジェットで拡散されたガソリンが上昇して、自爆キットのジェットニードルの先端に当たり攪拌する。

そして攪拌されたガソリンは、ニードルを伝わってメインボア中央部に上がり噴出。噴出されたガソリンはミキシング・プレートにぶつかり再度攪拌。

インテークマニーホールドを流れる混合気はジュン・インターナショナル特製ペンタゴンネット(吸気バルブ周りに設けられた金網)で更に攪拌され、最後に燃焼室で混合気全体が混じり合う。

拡散+攪拌×4となる仕組みだ。

これだけ空気と混ざる回数が増えれば、燃焼効率は鰻登りになる事間違いなし!(取らぬ狸の皮算用?)

この世の中、悪い事以外はやったもん勝ちだから挑戦してみます。

ミキシング・プレートの効果はいかに。

Photo_2

|

« 自作バクダンキットFCR-MX編 | トップページ | 空手チョップ! »

コメント

 着々と進行中っすね~^^

 バクダンキットは俺も大好きなんで、それを更に推し進める為のさまざまな加工と工夫、興味しんしんです

 どれだけすごいことになるのか楽しみっすね~\(^▽^)/

投稿: たけ | 2007年11月 9日 (金) 01時29分

[自爆~]のネーミングの前には、攪拌地獄も負けますよ。

投稿: AXL。 | 2007年11月 9日 (金) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/8830540

この記事へのトラックバック一覧です: ジェットストリームアタック計画:

« 自作バクダンキットFCR-MX編 | トップページ | 空手チョップ! »