« バトルカブ冬計画 | トップページ | ザ・ホンダファン »

2007年11月27日 (火)

ノンタイトル

桜華さん、カブ男さん、コメント有難う御座います。

桜華さん、見てしまいましたか。あのGS400の彼は以前に『秋田イズム』ってタイトルで記事を書いたモトクロス国際A級ライダーです。これも秋田にちゃんとした公式モトクロス場が存在しないからです。フリースタイル・モトクロスもこなす彼は白いGS400の3段シートに跨り、ウィリーを披露するに至ってます。彼をそっと暖かい目で見守ってやりましょう。

カブ男さん、アイシング対策は必ず必要になります。早朝・夜間の走行は勿論ですが、吹雪に遭遇したりすると途端にきますよ。症状としては混合気が上手く気化出来ずにカブリ気味になったり、エンストしたりと大変です。しかも最悪の場合はスライドバルブに付いた水滴が凍ってアクセルが戻らなくなります。(恐怖ですよぉ。)特にカブはキャブレターが前方に付いていますのでかなり冷え易いです。

今日、愛車のステップワゴンから異音がするので友人のクルマ屋でチェックしてもらう事にした。

「調子どう?」の友人の問いに…

「最高!170㎞/hオーバーするし、まだ一度しかバトルで負けた事ないよ。新型(フェアレディー)Zにやられたけど、相手も相当びっくりしたのか信号無視して逃げてった。」と俺。

「相変わらずだなぁ。」と友人。

異音チェックの為にクルマをジャキアップすると意外な結果が分かった。ドライブシャフトの中から異音がするのだ。

「ドライブシャフトの中の部品が壊れて踊ってるなんて、長い間クルマ屋やってるが初めてだ。」友人とサービス・メカニックが驚いている。

結局、「でもお前の運転だから無理ないか。」と言う話でオチがついた。

まぁ、俺の乗るクルマもバイクも「今までにこんな故障は初めてだ。」って言われるケースが非常に多い。それだけ俺が酷使しているのかな。乗り方が下手なだけかも知れないがこればかりはしょうがない。でも乗りっぱなしにはしてないし、特にエンジンと足周りには気を使っている。少しでも異変を感じるとすぐにチェックするし、異変に対しても普通の人よりは敏感なハズだからね。

友人がメーカーにクレーム対象になるか相談する事にして、代車を出してもらえる事となった。

それでディーゼル・エンジンの乗用車(ニッサン・プレサージュらしい。)に乗ったけど、ディーゼルも回すと速いね。ヨーロッパでは環境問題でディーゼル・エンジンが見直されているらしいが、日本では逆にディーゼル・エンジンというと排気ガスがクリーンじゃないイメージがある。聞くところによると燃料の軽油自体に違いがあるとか。

ガソリンも高騰している昨今。軽油はガソリンの何倍も原油から抽出されているのだが、その割りに値段に大差がない。俺の考えではガソリンの半値でも良いと思うのだが、それでは商売にならないのか?ガソリンで儲けはギリギリ。その分軽油で利益を確保してるのかもな。

ガソリンの代用燃料の開発は高等技術が必要かも知れないが、軽油の代用燃料なら比較的に容易に感じるのだがどう思う?

日本でも1300ccクラスのディーゼル・ターボエンジンで排気ガスもクリーンなクルマを販売して欲しい。燃費も良いし、そこそこ速くて冬場の路面のトラクションも良い。エンジンブレーキの利きも好感が持てるしね。これで4WDなら最高でしょう。

そういえばインドにディーゼルエンジンのバイクってなかったっけ?

明日からディーゼル・エンジンを堪能します。

|

« バトルカブ冬計画 | トップページ | ザ・ホンダファン »

コメント

 お久しぶりです~
 確かガソリンと経由は取れる量ってほとんど同じじゃなかったでしたっけ
 で、製造コストもほとんど変わらないのにガソリン価格には揮発油税とガソリン税《暫定税》が含まれて、それに対して消費税が加算されて不公平感が強かったのと、税収確保の為に軽油取引税なるものが新設された記憶があるですよ

 インドのディーゼルバイク、ロイヤルエンフィールドっすよね

 統治国のロイヤルエンフィールドのノックダウン生産から始まって、現地の燃料状況から富士重工のロビンという汎用ディーゼルを搭載して作られたものです

 少なくとも一時期は国内でも販売してましたけど、今はどうなったんでしょうねぇ

投稿: たけ | 2007年11月27日 (火) 01時43分

トヨタが数年前に、1400ccターボディーゼルエンジン(新開発)を搭載する車を開発していたはずです。

エンジンはガソリン車並みに静か、加速もスムーズ、その上150キロ巡航でも燃費は26km/L(あやふやです)というとんでもない車だったのですが、その後はどうなったか知りません。

投稿: いしかわ | 2007年11月27日 (火) 02時09分

他にはアウディの5気筒ターボを積んだディーゼルのサイドカーとかもありますよ
オペルの開発したエコスピードスターは1300のディーゼルで最高速230キロオーバー、燃費は50kmに及びます
BMWの7シリーズのディーゼルはターボで約450psでトルクが約50kg-m
また今年ル・マン総合優勝したアウディは12気筒のディーゼルでした
最近のディーゼルはコモンレール式といい、燃圧が非常に高い型式で燃料を非常に微細化して燃やす事でクリーンで高性能なディーゼルになってます

投稿: 桜華 | 2007年11月27日 (火) 06時33分

ディーゼルバイクって結構あるもんなんですね
http://journeytoforever.org/biodiesel_bikes.html

投稿: 瑞穂 | 2007年11月27日 (火) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/9130360

この記事へのトラックバック一覧です: ノンタイトル:

« バトルカブ冬計画 | トップページ | ザ・ホンダファン »