« エンジンブロー | トップページ | ドラゴンエンジン »

2007年12月 9日 (日)

チャイナエンジン

コメントを下さった皆さん、有難う御座います。

中国エンジン140ccをカブに組む為には、部品の加工や特注のスプロケット調達(428サイズ)などすんなりボルトオンとはならない様です。

排気量の大きさが武器のエンジンですが、俺が競り落としたエンジンは友人の情報では「悪くない。」との事です。

「その理由は?」と聞くと、「オイルクーラーの取り出しがシリンダー下で2次側クラッチタイプはあまり壊れた話を聞かないから。」だそうだ。

この話がホントなら良いな。

問題はステップは一度切り離してクランクケース幅に合わせて延長するのと、そして何よりクラッチレバーの増設が必要。

キャブレターはジュンのフルキット・エンジンを見事破壊したFCR-MX改を使用する。(もしかして俺はとんでもないキャブを作った?)マフラーは水本レーシング改。

排気量的にバランスが取れて良いかも。

今回購入したチャイナエンジンがまた壊れたら次はタイ・エンジンに挑戦しよう。

馬鹿は懲りないから馬鹿。

今度からは日本製チューニングエンジンを越える事を目標にするかな。

|

« エンジンブロー | トップページ | ドラゴンエンジン »

コメント

・・・・今回購入したチャイナエンジンがまた壊れたら次はタイ・エンジンに挑戦しよう。・・・・
正しい選択、頭の良いピーキーさんがなぜ?きずかなかったのか不思議・・・
キ○コやタケ○ワ、・・儲け過ぎ、台湾で作らせ、日本製のステーをつけてメイドイン・ジャパン、今流行りの産地偽装、バブルそのもの、
大変だと思うけど、良い報告をお待ちしてます。

投稿: 七氏 | 2007年12月10日 (月) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/9329540

この記事へのトラックバック一覧です: チャイナエンジン:

« エンジンブロー | トップページ | ドラゴンエンジン »