« チャイナエンジン | トップページ | ドラゴンエンジン2 »

2007年12月12日 (水)

ドラゴンエンジン

Photo 七氏さん、コメント有難う御座います。

俺も純国産主義ではないので中国エンジンの実力(コストパフォーマンスを含め)を見せてもらうつもりです。カブボディへのフィッティングが面倒そうですが…

今日の夕方に中国製138ccエンジンが届いた。

大きなダンボール箱を開けるとシルバーに光るエンジン登場!

エンジンには札が付いていて『LIFAN』と書いてある。

「おーっ、これが噂に聞く『LIFAN』エンジンか。」

中国エンジンでも138ccもあるとノーマルカブの2,8倍の排気量アップになる。

馬力も10馬力は簡単に出るだろう。高回転高出力型エンジンではなく、トルク型エンジンと言える部類だと想像できる。以前に125ccエンジン搭載機に乗った事があって、そんな印象を受けたからだ。

日本製改造パーツで組み上げたブランドエンジンには敵わないかも知れないが、138ccの排気量は十分に魅力的だよ。

日本製のパーツとの共通性はゼロに等しい。しかし、ナイトロヘッズというショップで138cc用シリンダー&ピストン以外の補修パーツはほとんど手に入りそうだ。(ここで扱っているエンジンは120㏄仕様だから。)

実はドライブチェーンのサイズが428だという情報を聞いていたのに、届いたエンジンは420サイズの最新仕様が来たみたい。もう旧型用のスプロケットを手配したのに無駄になってしまったよ。

中国製の横型最大排気量エンジン。俺はこのエンジンを勝手に『ドラゴンエンジン』と呼ぶ事にする。箱を開けて一目見た時にブルース・リーみたいに凄そうなイメージを受けたからだ。

このエンジンに吸排気系と電装系をチューンナップしていきます。

ドラゴンよ、お前の力を見せてくれ!

|

« チャイナエンジン | トップページ | ドラゴンエンジン2 »

コメント

その中華エンジンのシリンダー容積とクランクのストローク測ってみてください。実際は125ccくらいになるはずですよ。しかしハイカム交換程度でかなり早くなりますよ。しかし耐久性は問題があります。回し過ぎでクランク折れたエンジンを三回みました。普通にのるなら良いエンジンです。

投稿: モンキー好き | 2007年12月23日 (日) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/9359703

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンエンジン:

« チャイナエンジン | トップページ | ドラゴンエンジン2 »