« 腐っててもホンダ | トップページ | ワイルド7 »

2007年12月18日 (火)

白痴ホンダ

世の中、馬鹿は俺だけだと思っていたらそうではなかったみたい。

愛車ステップワゴンのドライブシャフトからカラカラと異音がするので「これはどうなっているの?」とホンダのデーラーに聞いたら「俺らだけで答えれないのでメーカーに聞きます。」との返答。

後日、メーカー(テクニカルサービス)から来た回答は「クレーム対象外なので回答の必要なし。」だった

「なんじゃぁ、その答えは!」と怒ったら、怒られた事にふて腐れてステップワゴンを叩き返す始末。

対処に困って、同じホンダ系列の販売店に事情を話し、もう一度ドライブシャフトの異音の原因と実状を調べてもらう事にした。

そしたらこの販売店もメーカー(テクニカルサービス)に相談し、帰ってきた返答は「クレーム対象外なので回答の必要なし。」だった。

同じところに聞いたら帰ってくる答えは当然同じだろうが。馬鹿しかいないのかホンダのサービスは…

昨日の仕事が早く終わったので以前にホンダ・デーラーで「文句があるならここに電話してくれ。」と教えられたお客様相談室(販売店専用)に電話した。

「調べる前に実態を把握してから動きます。」との回答を得られたが、これだけ馬鹿さ加減を見せ付けられた後だけに期待は一切していない。

どうせ口だけ。

バイク買うならホンダ。クルマ買うならホンダ。5年10万キロ過ぎたらゴミ扱いだけどね。メーカー自体がそうしてるんだから仕方がなし。

さぁて、本腰入れてホンダに喧嘩売るかな。

|

« 腐っててもホンダ | トップページ | ワイルド7 »

コメント

だいぶ前の話、ホンダが新車種を作ろうとしたが最初に価格が決まっていてなおかつ 装備、安全性、経済性はト○タ並、しわ寄せはエンジンに来た 技術者はスクラップ屋を回り走行距離を調べ 15万km以上の車は5%以下と言う事実の為、エンジンの設計寿命を15万kmとした、これが 俗に言うホンダマジックの始まり、分解 修理のことより、組み立て易さ、時間短縮、いかに15万km良い子でいられるか!事実軽運送の連中は修理せずにエンジン交換している。
使い捨ては業界トップ、クレームが過ぎれば 保守点検、交換はユーザーの自己責任、それにクレームを言うんだったら新車に替えればいい。
ドライブシャフト プロペラシャフト 中空密閉なので最後の溶接の時中に可燃物(油をしみこませた新聞紙など)を入れ溶接、溶接の熱で燃え 中の酸素を二酸化炭素にして鉄の内部からの腐食を防止する、こんなことが今も行われていると思えないが、やっていない保障も無い、メーカーだってたぶん知らない。

投稿: アンチ・ホンダ | 2007年12月18日 (火) 10時05分

ホンダは宗一郎と供に終わったんだよ、
今のホンダには何のスピリッツは感じられない
パーツの供給にしても酷い有様

投稿: | 2007年12月18日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/9450710

この記事へのトラックバック一覧です: 白痴ホンダ:

« 腐っててもホンダ | トップページ | ワイルド7 »