« ターボラバー | トップページ | 新技? »

2007年12月 5日 (水)

いとしの腐れホンダ2

桜華さん、コメントいつもありがとう!

「気にしてない。」と思いながらもコメントをもらった時は嬉しいものです。

やっぱりターボがいいな。今に絶対やりたい。やるならキャブ・ターボ。

構造はできるだけシンプルでいい。カブならメインフレーム周りはがら空きだからどんな風にでも組めそうだけれど、構造はシンプルで軽量の小排気量にぴったりなのがいいね。

少しずつ今から勉強してカッコイイのを完成させたい。男、40(歳)にして起つ?

例のステップワゴンのプロペラシャフト(ドライブシャフト)の異音の件だが、不親切なホンダデーラーとは別のホンダ系ショップで部品を外して検査してもらったところ、「中からカラカラ音がする。」って訳でホンダ本社に送って内部の異常を更に検査してもらえる事になった。

勿論、場合によっては無償修理の判断もしてもらう訳だが、ホンダに果たして真の良心が存在するのか結果が楽しみだ。(却下された時は全面的に抗議行動に出るかもよ。)

雪が降る振る。嬉しいねぇ。雪道を走る際に最も必要なのは調整力。簡単に言うと力加減だ。

「意味、分かんねーよ。」って人は隅っこで走ってなさい。邪魔だから。 (「ゴミは隅っこに溜まるもんだ。」とポルシェに乗ったオッサンが語るマンガがあったよね。)

俺が始めてオフロードコースを走ったのはホンダの試乗会で’85年式CR125Rに乗った時だ。粘土質の赤土でタダでさえ滑り易いのに丁寧に雨まで降ってくれちゃった最悪コンディション。そんな中、まだ超初心者だった俺がまともに走れる訳がなく、転倒につぐ転倒の嵐。これでもか!ってくらいにひっくり返りました。変に根性だけあった俺は係員の制止も振り切り、制限時間の1時間に鬼の様にコケまくったよ。

この頃は、調整力なんて言葉が分かるハズもなく、無我夢中でアクセルを捻るばかりで今思えば恥かしい限り。でも、こんな事があったから今の俺があるのだから良しとしよう。

今度の日曜日はバトルカブで雪中キャブセッティング。アイシングが心配だが、少しの間なら何とかなるだろう。(安易な考え。)

冬道最高速アタックの最初の一歩が始まる。

|

« ターボラバー | トップページ | 新技? »

コメント

俺は真面目に最近エイプをターボ化計画してます
シャフトがリコール対象なら良かったんですけどね(笑)
ホンダさんの誠意有る対応に期待します

投稿: 桜華 | 2007年12月 5日 (水) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/9256324

この記事へのトラックバック一覧です: いとしの腐れホンダ2:

« ターボラバー | トップページ | 新技? »