« 迷走状態 | トップページ | 雄叫び »

2008年1月12日 (土)

バイク対クルマ

CBR600が売れそうだ。プロ・エクストリームライダー、空海のシンちゃんとこにドナドナだよ。誰が乗るかは知らないが、俺の代わりにコイツのウィリーバーから火花を飛ばしてやってほしいね。

CBR600が売れたら、ジェベルで以前の様にモトクロス、エクストリームバイク、ツーリングと軽く汗をかくつもり。前みたいに本格的にじゃなく、あくまで遊び程度でね。

その分、仕事の方をしっかりやって事業が波に乗ったら、WR250ⅩかR33GTRを買いたいな。(どっちか1台)

WR250Ⅹは俺の原点『オフ車でロードバイクやクルマをカモる。』を進歩させる為に。R33GTRは俺が一番恐れたクルマだから自分でも乗ってみたいと思ったのだ。

俺の頭の中ではバイクとクルマがバトルした場合、基本的にどちらもノーマルだと経験上バイクが有利と思っている。ところがチューンナップが進んでいくと、途端にクルマとの性能差が開いてゆく。つまり弄ったバイクとクルマでは、クルマの方が随分と性能に余裕が生まれてしまうのだ。

勿論、ライダーとドライバーの腕の差でも変わってくるが、剥き出しのバイクと四方をガードされたクルマでは、肉体的・精神的な重圧という面でクルマが圧倒的に有利。

しかし、ここに落とし穴がある。ライダーはレースやサーキットラン等でバトルスピードの経験を積む回数がドライバーに比べ多くなりがち。その為、公道では本当に速いドライバーと遭遇する事は珍しいのだ。

だから、データだけを取り上げて「バイクが速い。」「いや、クルマの方が速い。」って言うのは全く当てにならない。

要はライダーとバイク、またはドライバーとクルマのトータル・パフォーマンスが勝負の鍵となる。

相手のクルマを見て「コイツなら楽勝!」とか思っていても馬鹿速かったり、「こんなバイクが速い訳ない。」と思っても「嘘だろう!」って事も十分に有りうる。(俺は何度もある。)

バイクとクルマどっちが速い?俺が出す答えは、ステージと運転手次第とだけ言っておこう。異論もあるだろうがやってみりゃ解る。

だってそうなんだモン!

|

« 迷走状態 | トップページ | 雄叫び »

コメント

お久しぶりです
その意見には賛成ですね
車は基本的に高速ステージがバカっ速いですな
つづらおりのタイトな峠では車は足を引き締めないとロールというかヨーイングで腰砕けになり速度を維持できません
250クラスならば電光石火の切り返しで車を置き去りに出来るでしょう
車はドリフトすると余程トラクションのかけ方が上手くないと疾走してやはり速度を維持できません
逆に言うとマシンと腕によりけりと言う事です
うちのオヤジは50過ぎだというのに仕事車のクレスタのディーゼルにカヤバのショックとテインのバネで足回りをしっかりやっていてコーナーは慣性ドリフトでインプやGT-Rクラスもカモるカットビオヤジです
俺はいつかオヤジと峠で勝負するのが夢です
きっと俺の乗り物バカは血筋でしょう(笑)

投稿: 桜華 | 2008年1月12日 (土) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/9835741

この記事へのトラックバック一覧です: バイク対クルマ:

» 【エクストリームバイク】の口コミ情報を探しているなら [人気のキーワードからまとめてサーチ!]
エクストリームバイク に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています… [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 10時28分

« 迷走状態 | トップページ | 雄叫び »