« カブで予習 | トップページ | カブ反省会 »

2008年2月18日 (月)

カブ最高!雪中ツーリング

コメントを下さった皆さん、有難う御座います。

俺は30歳を過ぎた頃から嘘をつく事に酷く抵抗を覚える様になりました。だって疲れるじゃないですか。嘘みたいな本当の話なら腐るだけありますよ。また期間限定で記事にします。信じられない人がいても当然ですね。実物の俺を見た事なけりゃ。

いやぁ、行ってきましたよ雪中ツーリング。おもしろかったぁ~。

昨日のブログの記事を更新後、子供の遠足の様になかなか寝付けない俺。

「仕方ない。」と朝起きてからやるつもりだったFCR-MXキャブのセッティングを変更したり、メンテナンスを真夜中に行う。

一通り終わったら安心したのか、やっと眠る事が出来た。

6時半に起床。朝食を取ったのちバトルカブで自宅を出発する。

気温が低いせいか路面はアイスバーン。でもスパイクタイヤにはこの路面状況が最高のパフォーマンスを発揮させるのだ。時速80キロ巡航で田沢湖を目指す。

途中、珍しく速い軽4輪とバトル。時速100キロで走る俺の30メートル後ろにつけるホンダ・ダンク。

なかなか良い走りをするんで交差点の信号待ちで「良い走りするじゃん。」と褒めようとしたら、俺が威嚇してると勘違いされ近づいてこない。なんと、ダンクのフロントガラスには初心者マークが貼ってあったよ。

「おーっ、いるんだよなぁ乗って間もないのにいきなり速いヤツって。」彼の才能に敬意を払いつつ、この後しっかりブッチギらせてもらいました。(後で桜華さんに聞いたら「あぁ、あの生意気なガキでしょう。あいつがやたら速いんだよね。」と言ってた。)

Photo 自宅から85キロ先のオートモーティブさんに着いたのは出発から1時間半後。雪の中、沢山のクルマを追い越すのに一苦労だったよ。

オートモーティブにはすでに雪中ツーリング参加者が集まっていた。人数は俺を含め7名。マシンは全員が原付バイク。(カブ、エイプ、ジャイロXが2台、スクーターが2台、そしてバトルカブ。)俺はマシン改造の度合いを見て、町内相撲大会に参加した大相撲プロ力士の気分。ほぼノーマルが大多数。

「まぁいっか。皆のペースに合わせて、厭きたら途中から飛ばす事にするか…。」

田沢湖入り口までは全員コンボイ走行。俺はそこから先の雪道を見て堪らずに全開走行。気持ちよい上りが俺を興奮させる。

田沢湖周回路まであっという間に着いた俺は小便をしながら後から来る仲間を待つ。小便が終わった5分後に皆が来た。

お次は、休憩ポイントのドライブインまでの独走を楽しむ。標高が高いせいか思う様に最高速が伸びない。時速90キロが限界だ。ブラインドコーナーが多い田沢湖畔では俺独自の発明・遠心ブレーキが有効だった。なんてったってアクセル戻すだけで急激に速度を落としてくれる。我ながら便利な物を作ったもんだよ。どんなコーナーも楽々スイスイ。

ドライブインで休憩後は蟹場温泉に向かう。急な上り坂だがバトルカブには楽勝。演歌を一人大合唱しながら余裕で走れた。(『釜山港に帰れ』を百万回)全く後輪を滑らさない俺の走りを仲間達が見て不思議そうにしている。

蟹場温泉に到着したらしたで、長野から来たというカワイコちゃん達から「あのカワイイ赤いバイクの写真をとってもいいですか?」と言われるわ、シャア・ヘルメットは大うけだわ、チヤホヤされっぱなし。(生きてて良かった~。)

Photo_3  蟹場温泉を後にした俺たちは地元の食堂で昼食。天ぷらうどんに七味唐辛子をガンガン入れて寒さ対策をしたよ。(効果アリ)

昼食を終えた俺達は西木村の道の駅へ向う。路面の雪を見てニンマリする俺。走り易そうな雪道(圧雪路)が「カモン、カモ~ン。」って手招きしている様に見えるのだ。(ヤバイな俺は…)

道の駅までは皆と一緒に走り、休憩後に皆と別れて俺だけその道(県道105号)を北上して自宅に帰る事に決めた。そうした方が自宅までの距離が短く助かるからね。

Photo_4 道の駅にしきに着いた後、休憩を入れてから俺は皆に別れを告げて別行動。ここから先のパウダースノー路面は俺が独り占めだよ。(意外に滑るんだパウダースノーって。)

訳解らんくらい最高に楽しい。真っ白な別世界の中を真っ赤なカブが夢中で進む。

俺は自宅に着くまでに俺の前を走るクルマを全車追い抜く。

雪道を計400キロ走破。(帰宅後、走り足りずに家族でドライブ。)

「この道は俺だけのモノ。」そう勘違いできる瞬間こそがライダーにとって至福の時なんだ。

Photo_5 では、また来年。

|

« カブで予習 | トップページ | カブ反省会 »

コメント

来年こそは完走出来るマシンに仕上げます(笑)
オートモーティブ店長の千葉さん曰く
来週もやるか?
おそらく冗談でしょう(汗)

投稿: 桜華 | 2008年2月18日 (月) 06時22分

読んでいて、爽快でした!
全身の細胞が、俺は生きてるぞー!って
叫んでいたのを感じます。

投稿: ばば | 2008年2月18日 (月) 21時44分

 雪中鬼走りツーリングお疲れ様でした。県南は土曜日にかなり雪積もったから楽しかったことでしょう。しかし400きろですか、しかも帰りは105号線!阿仁を抜けて男鹿に帰ったんですね。いやいや頭が上がりませんね。楽しいレポートありがとうございました。

投稿: カブ男 | 2008年2月18日 (月) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/10586737

この記事へのトラックバック一覧です: カブ最高!雪中ツーリング:

« カブで予習 | トップページ | カブ反省会 »