« 裏技効果 | トップページ | 日本製と中国製その2 »

2008年3月30日 (日)

日本製と中国製

ひのきちさん、横型エンジン乗りさん、コメント有難う御座います。
日本製パーツで弄ったエンジンと中国製エンジンに積み替えた場合の違いの比較すると…
日本製パーツで弄った場合、お金と手間が掛かります。そのかわり外装をカブらしく維持できます。
中国製エンジンに積み替えする場合は、安いし手っ取り早い。そのかわりクラッチレバーの取り付けが必要なのでパイプハンドル化しないといけないし、ステップをタイカブ用に交換する必要があります。
時速100キロオーバーさせるのに掛かる金額は、日本製パーツで弄った場合は30万円前後。
中国製エンジンに積み替えした場合は、15万円未満ですね。(140ccまで)

クランク内圧調整バルブですが、カブにはキタコ製のワンウェイバルブを代用します。
価格は1050円だったと思います。
これをブリーザーホースの先端に付ければ完了です。(ワンウェイバルブの向きに注意。)
ブリーザーホースがエアクリーナーボックスに入るタイプは、エアクリーナーボックスに入るホースの途中にワンウェイバルブを入れて下さい。
これによりシフトダウン時のリアタイヤロック防止とアクセルオフによる急激な失速が無くなります。
また、高回転域でのエンジンの負担を減らし、燃費も多少アップしますよ。
一度お試しあれ!

|

« 裏技効果 | トップページ | 日本製と中国製その2 »

コメント

ワンウェイバルブは確かになめらかな乗り味になりますね
個人的にはピーキーさんのクラッチも好きですね

投稿: 桜華 | 2008年3月31日 (月) 12時31分

こんにちは。
説明有難うございます。
また質問なんですが、ワンウェイバルブは、上向きにしか抜けないですよね。ピーキーさんは、ホースエンドを上向きにしているのですか?
宜しくお願いします。

投稿: 横型エンジン乗り | 2008年3月31日 (月) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/11987887

この記事へのトラックバック一覧です: 日本製と中国製:

« 裏技効果 | トップページ | 日本製と中国製その2 »