« 積み替え準備 | トップページ | 偽装工作 »

2008年3月 6日 (木)

LIFANな俺

ばばさん、桜華さん、コメント有難う御座います。

中国エンジンの特性を理解する事で『手軽?で速いカブ』を作ろうとしております。140ccエンジンの活躍をお楽しみに。

夕方までにパタパタっとバトルカブに改良を加える。

カムチェーンテンショナーの固定化に点火時期変更可CDIへの交換。そしてフライホイールのバランス調整。(エンジンブレーキ弱めのセッティング)

本来なら一つずつ変えていって効果を確認するべきなのだろうが、「めんどくせえから全部やっちまえ!」と3つ同時にモディファイした。

早速、テスト走行をしに真冬の男鹿半島を軽く一周する事にしたよ。

最初に向かったのは寒風山。霧で視界が悪い中、山頂の第2駐車場を目指した。除雪が行われていない駐車場への道をグイグイと登るバトルカブ。流石は127ccと言いたいところだが、エンジンまで雪に埋もれるともう前進は無理。目の前に見える駐車場を尻目に次の目的地・真山神社に向かった。

Photo

午前中の雨で路面の雪がかなり融けているとはいえ、安心はできない。

エンジントルクを上手く使って走行ラインを選んで走る。雪道では大事だ。

Photo_2 

真山神社の先に林道があるのだが、ここも雪が深くて走行は無理。

引き返して途中のナマハゲ館でちょっと休憩。

Photo_3

次に向かったのが八望台。

男鹿の風景が一目で見えるくらいのパノラマ展望台。

バトルカブは順調だが、少しエンジンブレーキの利きを落とし過ぎたみたい。いつもよりもブレーキングに神経を使うよ。エンジンの回転具合はこのままで、エンブレの利きを元に戻すと丁度良いかもね。

Photo_4

八望台から入道崎へ。

マッドフラップをフロントフェンダーに付けたおかげでオーバークールはしなくなったが、スポンジのパワーフィルターに雨が滲みて、アクセルオフでエンジンがボコつく様になった。パワーフィルターを外して直キャブ状態で走れば良いのだが、この際無視して走る。(最初からこんなもんだと思えば気にならん。)

カムチェーンテンショナー固定化の効果だが、噂ほど劇的には変わらない。しかし、効果はちゃんとあるね。いつもよりもエンジンが静かだしエンジン回転も軽い。春になって暖かくなったらもっと効果がハッキリ出そうな感じを受けた。

男鹿半島をグルッと周ってきて走行距離80キロでガス欠。(リッター20キロだよ、オイ。燃費悪すぎ。)仕方なくガソリンスタンドまで500メートル押す。良い運動になったよ。

点火時期は、50ccカブのノーマル点火時期と同等セッティングで走ったけど変化は解らなかった。春になったらテストコースでタイムアタックして一番速いセッティングにすれば良いかぁ。(いい加減)

男鹿半島を一周してみて、「良いねぇLIFANエンジン。」と心底思ったね。アップダウン関係なく走り易いのだ。俺の調整次第でもっと良くなるのは確実。140ccならもっともっと良くなるハズだ。

「中国エンジンをなめたらいかん!」それが俺の意見。

|

« 積み替え準備 | トップページ | 偽装工作 »

コメント

はじめまして^^ yumenoniziruと申します。
私もカブに乗ってるんですけど、ご自分でエンジンを自在にイジれるなんて、すごいですね!
私もいつかは・・・・・

>中国エンジンをなめたらいかん!

私もそう思います。以前GN125という中国産バイクに乗っていましたが(設計は日本らしいですけど)、余裕で東北一周してくれましたし、ツーリング時の燃費はリッター50kmと非常に優秀でした。
近いうち秋田に引っ越す事になってるので、もしかしたらドコかでお会いできるかもしれませんね

投稿: yumenoniziru | 2008年3月 6日 (木) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/10994130

この記事へのトラックバック一覧です: LIFANな俺:

« 積み替え準備 | トップページ | 偽装工作 »