« 俺がカブにのる訳 | トップページ | 裏技効果 »

2008年3月29日 (土)

裏技実行

ばばさん、コメント有難う御座います。

カブの可能性を引き出すのがオーナーの腕なのかも知れません。これからもお互い頑張りましょうね。

「中国エンジンは(高回転で)回らない。」これはカブやモンキー等のオーナーには常識化している。

「カムチェーンテンショナーをマニュアル化(固定式)に手直しすれば回る様になる。」と言う情報もあるが、最高速にすぐ結びつくほどの効果はないみたいだ。

確かにレスポンスやトルク感の向上は感じられる。そこに「ヘッドガスケットをもう1枚足して圧縮比を下げてからカムチェーンテンショナーをマニュアル化すれば回るよ。」との新情報が数日前に入った。

そこでこの裏技を実施する事にした。

Photo まずはマニュアル化の為のカラー製作から行う。

油圧式カムチェーンテンショナーのスプリングの代わりにΦ12ミリのアルミ棒をカットしてカラーを作る。

写真は127ccエンジン用のカラーで長さは22ミリ。140ccエンジンだと25ミリになる。クランクのストロークが長くなるとカムチェーンも長くなり、たるみが多く出るのでその分チェーンを張る必要があるのだ。

Photo_2 次が俺オリジナルの裏技。

ガスケットをもう1枚足して圧縮を落とすのはかなり面倒なので、スパークプラグにスペーサーを入れて燃焼室から凹ます事で圧縮を落とす魂胆。

ノーマルサイズのプラグにアルミワッシャーを用いても良かったのだが、ジュベル用に買ったイリジュームプラグ(ネジ長が6,3ミリ長い。)があったのでアルミスペーサー(厚さ8ミリ・内径Φ10ミリ)を装着してカブにも使用できる様にした。

これを用いれば燃焼室から2ミリほどプラグの先端が凹む事になる。

Photo_3 オイルクーラーも装着する。斜めにしているのはFCR-MXキャブをこの後つける際に干渉を避ける為だ。

オイルホースの取り回しを間違えてカッコ悪くなってしまったが、エンジンオイル注入後にそれが発覚したので直すのは次回のオイル交換時にする。走行には何の問題もないからね。

一連の作業をするに当たって、エンジンオイルを抜く前にエンジンを始動してオイルを温めた。(常識ですね。)この時のエンジンの回転具合やレスポンスを憶えておいて裏技の効果を見てみる。

カムチェーンテンショナーのマニュアル化でエンジンの吹け上がりとレスポンスが向上する。今までよりも高回転で回るかは不明。

スパークプラグにスペーサーを用いて圧縮比を落としたら更にレスポンスが良くなった。しかし、イリジュームプラグにした効果もあるので一概にこれで効果があるとは良い難い。

「これで高回転まで回るエンジンになったのか?最高速に結びつくのか?」

それは実際に走ってみれば分かる事。

走行テストはまた後日に…

|

« 俺がカブにのる訳 | トップページ | 裏技効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/11916158

この記事へのトラックバック一覧です: 裏技実行:

» スペーサーまとめさいと [スペーサー研究]
スペーサーのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008年4月 1日 (火) 08時28分

» さて、授業を始めます。 [刺激がないなら・・・]
だって今、先生のアソコはツルツルなのですから!!ww [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 13時46分

« 俺がカブにのる訳 | トップページ | 裏技効果 »