« キャブセッティング | トップページ | 今度は林道最速カブを作ろう2 »

2008年3月13日 (木)

今度は砂利道最速カブを作ろう

ニンニンさん、桜華さん、コメント有難う御座います。

どうやらキャブセッティングは何とかなりそうです。しかし、一年中ノーセッティングで走れる様にするにはまだまだ時間が掛かります。それにもしかしたらキャブレター仕様変更するかも知れませんしね。FCR-MXが140ccエンジンなら持て余さない可能性もありますから。色々やって満足な結果が出るまで続けたいです。

朝に工場までバトルカブで走る。途中、大きなカーブの補修工事でアスファルトが全面剥がされ砂利道になっていた。

昔とった杵柄で林道走りよろしくブッ飛ばす俺。

「ウヒョォ~!気持ちイイ。」

パイプハンドル化で少しだけアップハンドル気味になったからハンドルコントロールが容易で助かる。

オーバークール防止の為にフロントフェンダーへ付けたマッドフラップがダウンマフラーに飛び石が当たるのを防いでいる。意外な副産物効果発見。マフラーが潰れたら勿体ないからとっても嬉しいね。

ベアリング現象が起きそうな時はギアを一つ落とし、ワザと加速して通過する。

スパイクタイヤだけにグリップは最高。(早く交換しなきゃ)

俺の予定としてはフロントタイヤはロード用。リアタイヤはレインタイヤっぽいパターンのやはりロード用を装着するつもりだ。

腕さえあれば砂利道でも普通に飛ばせる仕様だよ。

また昔話になるが、1993年頃に青森へ仲間とツーリングに行った。当時は国道でも未舗装路がいっぱいあったのだ。

砂利道の国道を走る俺達。

ロードバイクに先頭を走らせて、俺はケツ持ち(世話焼き係)として皆をサポートする為に後ろを走る。

しばらく走るとブラインドコーナーから突然、凄いスピードで現れるバイクがいた。

一目で「こいつは只者ではない。」と分かるその風貌。

どんなヤツか想像つくかい?(ヤベェ、嫁さんがやってきたから慌ててブログを更新する俺でした。)

続きはまた明日。

|

« キャブセッティング | トップページ | 今度は林道最速カブを作ろう2 »

コメント

ピーキーさんのデュークの様なマシンでしょうか?
なかなか難しいです(汗)
明日を楽しみにしてます

投稿: 桜華 | 2008年3月14日 (金) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/11288866

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は砂利道最速カブを作ろう:

« キャブセッティング | トップページ | 今度は林道最速カブを作ろう2 »