« 中国エンジンの方向性 | トップページ | LIFANな俺 »

2008年3月 4日 (火)

積み替え準備

LIFAN社製エンジン(140cc)はバトルカブへ積み替える前に、オイルライン(元はオイルクーラー用)にバンジョーを付けないとエンジン始動ができない。ここのオイルライン出入り口を繋がないとオイルが腰上に回れずに焼き付きの原因になるからだ。

バイク屋に相談。デイトナ製オイルクーラー用バンジョー&バンジョーボルトが寸法的にピッタリだったので注文した。(最初、油圧屋さんに相談したらバンジョーが特注になり値段が高かった。)パーツは今週中に届くだろう。

例のカムチェーンテンショナーの固定化(マニュアル化)だが、固定化する為のカラ-製作用にアルミ棒を使用する事にした。加工が簡単だし、軽量化にもなるしね。

ホームセンターでΦ12ミリ、長さ1メートルのアルミ棒を購入する際に、革ジャンを着込み黒い皮手袋をはめた手でアルミ棒を握ってレジに行ったら、他の客が皆怖がって逃げてゆく。

「わぁ、ヤバイ人に思われてる。」焦った俺はフランスパンを抱えるパリジェンヌの様にアルミ棒を持ち替えたよ。(いやぁ、失敗失敗。)

バトルカブに搭載してる127ccでカムチェーンテンショナーを固定化してチェーンの張りを調整すれば高回転まで容易に回る様になるかもね。(前回、製作ミスのせいでテンションが低かったから効果は不明。)そしたらニューエンジンも同じ仕様にするよ。 それが終わったら点火時期変更可のCDIに交換して最良の点火時期を見つけるつもり。

その次は、フライホイールのバランス変更。中国製フライホールは走行時に重い感じがするので軽く回るウェイト取り付けに変更するよ。これをやると重いフライホイールがインナーローターみたいに回る。(嘘ではない本当の話です。ノウハウは教えません。)但し、エンジンブレーキは利かなくなります。

3日前から用事が立て込んでてバイクを弄れなかったが、明日は大丈夫そう。

実験結果を乞うご期待。

|

« 中国エンジンの方向性 | トップページ | LIFANな俺 »

コメント

アルミ棒購入のくだり。
爆笑です。
何もしなくてもオーラが出ていそうなのに、こういうときは、どうしたら速くなるのか?で、頭がいっぱいで、傍からみたらとても危険な雰囲気を感じるのでしょう。
どんな服装をしていても結果は同じだったと思います。

速くなれ!速くなれ!

投稿: ばば | 2008年3月 5日 (水) 06時06分

パリジェンヌを想像してしまって思わず頬が歪みます(笑)
俺はエンジンスワップする車体が増えました
ニューマシンはスクーターですが、割りと簡単に出来そうなんで近々お披露目出来ると思います
どんなマシンかはこうご期待

投稿: 桜華 | 2008年3月 5日 (水) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/10952713

この記事へのトラックバック一覧です: 積み替え準備:

» デイトナ アルミ [rolex ロレックス デイトナ]
シボレーアストロ に付くアルミホイールを探しています。-シボレーアストロ に付くアルミホイールを探しています。シボレーアストロ 01モデルのディーラー車に乗っています。PCD127/5H/オフセット 0アルミホイールを交換したいと思いますが探しても種類がなく困..... [続きを読む]

受信: 2008年3月 5日 (水) 09時30分

« 中国エンジンの方向性 | トップページ | LIFANな俺 »