« 霧の十和田湖ツーリング | トップページ | 140ccの実力 »

2008年3月16日 (日)

150ccエンジン

桜華さん、コメント有難う御座います。

「子供親父でも旦那様の良いところはいっぱいあるから…」と半分諦め顔の嫁です。家計を圧迫させないバイクライフを今後どう築くかが課題ですね。

あ~あ、やられたよ。「何が?」って。ヤフーオクションでカブ用エンジンをチェックしてたら、中国エンジン最強の16馬力・150ccエンジンが公道用に改良されて販売されてた。

実はこのエンジンが公道用に改良されて出るのはしばらく先だろうと思っていたから140ccエンジンの購入に踏み切ったのに、こんなに早く出るなんて全く予想していなかったよ。

うぁ~やられた。オマケにオイルクーラー&キャブレター付きで7万円弱で落札されてた。

Photo これがそのエンジン。

KSR110の腰上とタイカブの腰下を合体させた様なスーパー(原付の世界では)エンジンだ。

あきれてものも言えない状況だ。つい、この間まではレース用のインナーローターで公道を走る為の保安部品が取り付け出来なかったのに今ではこの状況。

俺も今年は人生2回目の結婚に家も新築する予定だし、下手すりゃぁ今年の冬には子供も生まれそう。

こうなりゃぁ仕方ねぇ一年間今のエンジンで我慢して来年はこのエンジンに鞍替えだぁ。

FCR-MXキャブもそん時まで大事にしまっておくよ。

140ccでもっとカブの事を勉強して来年は新バトルカブを作ります。

おそらくフレームは新品同様フレーム変わるだろうな。限界まで走り込むつもりだからね。(スペアはもうある。)

一体、カブエンジンはどこまで発展するんだろうか?教えて中国さん。

|

« 霧の十和田湖ツーリング | トップページ | 140ccの実力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/11425176

この記事へのトラックバック一覧です: 150ccエンジン:

« 霧の十和田湖ツーリング | トップページ | 140ccの実力 »