« カブでエクストリームする人々 | トップページ | バルブ磨り合わせ »

2008年4月12日 (土)

決め手は鮫肌

たらしさん、桜華さん、コメント有難う御座います。

まさか、たらしさんの正体がばばさんだったとは思いませんでしたよ。気分転換ですか?

桜華さん、バトルカブで寒風山に行きたいのですが、農家&自営は春が忙しくてチューンナップが思う様に進みません。来週には組上げたいですね。

昨日、流体力学のテレビ番組がNHKであった。

軟式野球のボールが何十年ぶりかにモデルチェンジしたとか。ゲーム展開を面白くする目的で打球の飛距離を向上させる為だそうだ。

ボールのディンプル(凹み)の大きさを小さく、数も少なくしてボールの横を流れる空気が上手くスムーズに流れる様になっていた。

ディンプルが飛距離を伸ばす事はゴルフなどでは有名な話。しかし、ゴルフボールよりも大きな野球のボールは事情が少し違うみたいだね。

さて、ここからが本題。

俺のカブのキャブとインテークマニホールドの内壁には混合気の流速向上の為に鮫肌加工が施されている。

今回、シリンダーヘッドをバラしたついでに吸気ポートにもこの鮫肌加工を施した。

効果はポート形状を弄ってあるのでどの程度出るか比較は出来ない。

ほんのお守り代わりと思ってやっちゃいました。

キャブやインテークマニホールドで効果は確認済みなのでちょっとは違いがあるかもね。

それではまた…

|

« カブでエクストリームする人々 | トップページ | バルブ磨り合わせ »

コメント

誰だろ?
と、不審がらせてしまって申し訳ないです。
小さい頃、母が急須からお茶を注ぎながら言った言葉が記憶に残っています。
水とお湯では注いだ時の音が違う、、。

気になっていたのですが、温度によって粘性が変化して音の違いが現れるようです。憶測ですけれど。

言いたいことは、物凄く高価で、特殊な測定器を使うならいざ知らず、体感や経験則は馬鹿には出来ないということです。

投稿: たらし | 2008年4月12日 (土) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/20187006

この記事へのトラックバック一覧です: 決め手は鮫肌:

« カブでエクストリームする人々 | トップページ | バルブ磨り合わせ »