« バトルカブを特化させる | トップページ | 下準備 »

2008年6月30日 (月)

新薬

今日、バイク屋から「ASウオタニのパワーコイルが納品されました。」とのメールをもらった。

例の4万ボルト点火コイルだ。(通常は2万ボルト程度。)

昼にパワーコイルを取りに行くと、バトルカブの活躍に感動した人から思いがけないプレゼントを貰ったよ。

Photo それがこれ。東レのシリコングリスだ。

何でも-50~160℃の気温状況で使えるグリスだそうで、「真冬にバンバン走るバトルカブに使って欲しい。」と頂いた。

東レ本社に問い合わせてみたら「高荷重の掛からない低中荷重箇所に使うグリース。」と教えてくれたよ。

真冬のバイクラン程度なら大丈夫そうなので前後のサスペンションやアクスルシャフトにもぜひ使ってみたい。

Photo_2 肌色のグリスがいかにも低温で効きそうな感じ。

秋が終わったらモリブデングリスをやめてこっちに切り替えだ。

シリコングリスをくれた方に感謝します。

Photo_3 っというわけで肝心のパワーコイル。

点火系だけでもパワーアップが確実に実感できるとかって評判の製品。

通常、点火系チューンナップなんかだと体感的にはライダーの感受性に左右されたりするが、シャーシダイナモでのパワーチェックでちゃんと数値に残るくらいにハッキリ違いが分かるモノらしい。

本当なら新エンジンを搭載した後から装着するのがベストなのだろうが、積み替える時についでに組んだ方が交換作業は楽。

効果の程は売り込み文句を信じて前もって装着してしまおうかなぁ。(迷ってます。)

2つの新薬がバトルカブの走りにどんな変化をもたらすのか楽しみです。

真冬の極限で最高に気持ちの良い走りが期待できそう?

それではまた…

|

« バトルカブを特化させる | トップページ | 下準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/21994381

この記事へのトラックバック一覧です: 新薬:

« バトルカブを特化させる | トップページ | 下準備 »