« 常識はずれ | トップページ | ダダ »

2008年6月10日 (火)

所詮は俺。

たらしさん、コメント有難う御座います。

今日のブログはその挫折感について書きたいと思いますので宜しく。

秋葉原の通り魔殺傷事件。

亡くなった人のご冥福を祈りつつ、被害にあった人やその家族には気の毒な気持ちが尽きない。

勿論、犯人の両親も気の毒だと思っている。

犯人の加藤容疑者は偶然にも俺の友人と同姓同名で、テレビのニュースから流れた名前を聞いた瞬間「えぇっ!」っと思ったが人違いで「ホッ。」としたよ。

俺が考えるに加藤容疑者の行動には必ず『何でこの俺が…』が付いていた様に思う。

田舎の中学をトップの成績で卒業し、有名進学校の高校に入ったら中の下レベル。

とりあえず大学に入り卒業はしたものの、思うようには行かず人材派遣会社から工場へ働きに出る毎日。

「何でこの俺が…」

工場で働く何者かが加藤容疑者を快く思わずに作業服を隠した事が引き金になったそうだが、その前にも色々あったハズだと思う。

俺は普段から物事でつまづいた時には「所詮は俺。」と思う事にしている。

長年生きてきた生活の知恵だ。

俺は天才でも神から選ばれた特別な人間でもない。所詮は俺レベル。(等身大の自分。)

20代の頃の俺も「自分には何か特別なものがあるんじゃないか。」と勘違いしたよ。

でもね誰もがメジャーリーグのイチローでもなく、生まれつきガクトでもない。

そのイチローですら「自分は本当は勉強で1番になりたくて必死に努力したが無理だった。野球は普通に練習しただけで一番になれた。だから野球をやっている。」と語った。

自分の能力を発揮できそうな事を選ぶのも大事。もし、どうしても自分の理想を貫きたい時は挫折や壁にぶつかるのは当然だ。

そんな時に「所詮は俺。」と自分の実力を見つめ直し、その後の道を選ぶのが人生なんじゃないの?

そう言う俺なんか挫折人生&補欠人生の繰り返し。年を取って肩の力が抜けてからやっと少しずつ夢が叶いだした。

自分の実力がないのを信じられなくて、最後にとんでもなくでっかい事をしてやろうと思ったのが殺人事件じゃあまりにも幼稚過ぎないか。

犯行後、自ら作り出した雰囲気や世界に酔っていた加藤容疑者の目を覚まさせたのは駆けつけた警官の特殊警防による一撃だった。

その痛みで自分のやった事の重大さに気付き、あっけなく逮捕された加藤容疑者。

犯行以前、彼の頭の中ではいつも陸の孤島に取り残された様な気持ちでいっぱいだっただろう。

俺にはよく分かる気がする。(よく分かる理由は内緒。)

何か自分の才能を生かせるものに出会えたら、出会えるまで我慢したのなら彼はいつの日か己の力を思い切り発揮出来たんじゃないのか。

早まった行動をしたもんだ。

それだけの行動力があるのなら将来『凄いヤツ』と他人から褒め称えられる事もあったろうに…

勿体無い。

|

« 常識はずれ | トップページ | ダダ »

コメント

う~ん。
この事件についてはピーキーさんみたいに落ち着いて、的確な意見は言えません。

幼稚と甘え。

特に、甘え。疎外感を感じて何もかも敵に思えて攻撃的な気分になることは自分にもあります。
でも、その攻撃対象が無防備な人々というところに虫唾が走ります。
ちゃんと計算してやがる。

警察とか自衛隊とかやくざの事務所とかに、むしゃくしゃしたからとか、大きいことをやりたくてなどが理由で攻撃した事件を知りません。そういうのはほとんどが思想犯なのでは。

こういう通り魔的無差別殺人は今後も起こると思いますが、できるならば自分の目前で起こって欲しい。
別に、けんかに強いとか空手何段とかではないので殺されるかもしれませんが、
一撃を加えたいです。

ジョン・レノンを撃った犯人の名前など誰も覚えちゃいないよ。


投稿: たらし | 2008年6月11日 (水) 20時08分

まったくだな・・

しかし被害者の家族からしたらたかがくだらない犯罪者風情にされた事はあまりに残酷すぎる。
境遇どうあれこの手の犯行は薄っぺらすぎるぜ!!
意志や思想のかけらもねえ!!
この島はどこへ向かってくんだろうな。


投稿: 34 | 2008年6月11日 (水) 23時05分

いつも楽しく拝見させていただいています。通勤にカブを使っているのですが、車にあおられたり、強引な追い抜きに嫌気が差し、中国製エンジン140cc型番1P55FMJを、購入したのですが、オイルラインを繋ぐ場所が良く解りません。もし御存知でしたら教えたいただけ無いでしょうか。クラッチ下側の2たつボルトかな~と、思っているのですが・・・

投稿: リュウ1 | 2008年6月11日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/21552190

この記事へのトラックバック一覧です: 所詮は俺。:

« 常識はずれ | トップページ | ダダ »